医師の年収

イラスト
  スポンサード リンク

医師の年収というと、かなり高いイメージがありますね。
実際その通りで、ある調査では、医師の平均年収は、1,159万円、月収にすると、88万円、さらに、時給にすると5,079円と、かなり高給だという結果が出ていました。
医師はあまり景気に左右されることが少ない職業のため、近年はこの数字をほぼ保っているそうです。

ただし、キャリアや立場によって年収はかなり異なってきます。
例えば、医師になるにはまず研修医として経験を積みますが、この間の平均年収は300〜400万円と、一般企業並みの年収となっています。
その後の年収については、進んだ道によって異なってきます。
例えば、卒業大学の病院にそのまま残って就職した場合、平均年収は300〜600万円ぐらいといわれています。
教授になると、1,000万円という人もいますが、全般的に低めなのが特徴です。
大学病院ではない一般の病院に就職した場合は、大体600〜800万円程度と少し高めになります。
ある程度経験を積めば、500〜1,000万円というのも夢ではありません。

さらに、開業医になると、年商は2,000〜3,000万円になるといわれています。
ただしこれはあくまで年商であり、年収という意味ではその半分くらいが一般的といわれています。
つまり、1,500万円程度ということになります。
これはもちろん開業資金や運転資金がかかるためで、最初は借金をする人が多いようです。
ただし、開業医の場合、自分でいろいろ勉強したり工夫したりしてビジネスを広げることによって、年収をさらにアップさせられる可能性がいくらでもあります。
特に、高齢化社会が進む中で、医療だけでなく福祉や介護を組み合わせることによって、広がりを得ることができるでしょう。

ただ、開業するには、それなりの経験と知識が必要になりますので、若い医師はまず先輩のいる病院で勉強するのが第一となります。
近年、医師不足の問題も叫ばれています。
その理由の一つに労働環境が厳しいこともあるといわれていますが、一般的にいうと年収は非常に高い業界ですので、上を目指していきたいという人には、高年収は大きな魅力といえるのではないでしょうか。

ページの先頭へ