医師の登録

イラスト
  スポンサード リンク

医師になるときには、国家試験に通ったあとに医籍登録が行われます。
つまり、医師である人は、必ず登録がされているということです。
現在でも時々医師免許を持っていない人が医療行為を行っていたことが問題になり報道されていたりします。
ただ、自分がかかっている医師が本当に医師免許を持っているかどうかなどとはあまり考えないものですね。
しかし、本当に医師なのか確かめる方法があります。
それは、医師等資格確認検索システムです。

このシステムは、厚生労働省に登録されている医師と歯科医師のうち、医師法や歯科医師法に則ってきちんと2年に1度の届け出を行っている医師がすべて検索できるというものです。
つまり、きちんと医師として登録されて、届け出を続けている医師なら、ここで検索したら名前が出てくるということです。
ですから、もし何らかの理由で、この人は本当に医師免許を持っているのだろうかと思ったときには、このシステムを利用して検索することで真偽が確かめられるというわけです。
医師等資格確認検索システムは、2007年4月から始められたものです。
無資格者の医療行為がなくならないことから、その防止のために設けられました。

検索方法は非常に簡単です。
まず、医師等資格確認検索システムのページを開きます。
医師なのか歯科医師なのか選択するところがありますので、どちらかを選びましょう。
それから、性別を選ぶところがありますので、男女別を選びます。
さらに氏名を記入する欄がありますので、こちらにフルネームを入力しましょう。
そうすると、いつ医師として登録されたのか、登録年度が表示されます。
表示されれば、医師登録されているけれど、表示されていなければ登録されていない可能性があります。
ただし、行政処分など何らかの理由で医師免許が停止されていたりすると、その期間は表示されませんので注意が必要です。
また、処分などを受けている場合は、その種類や期間なども表示されますので、どのような状況にあるのかということも確認できます。

これまでは医師資格の登録を確認するためには、生年月日や登録番号が必要とされていたため本人しか確認できない状況でしたが、このシステムによって、誰もが医師の登録を確認することができるようになったのです。

ページの先頭へ