産婦人科の医師

イラスト
  スポンサード リンク

近年医師不足が叫ばれていますが、その中でも特に不足しているといわれるのが産婦人科の医師です。
産婦人科といえば、妊娠、出産や赤ちゃんのことでお世話になる機会の多い診療科ですが、なぜこんなに医師不足が進んでいるのでしょうか。

まず、一つ挙げられるのが、少子化の問題です。
子どもの数が減るということは、出産の数も減るということです。
ということは、産婦人科の収入も減ってしまうので、病院の運営を考えて閉院してしまい医師が減ったり、将来を考えて産婦人科医になりたいという研修医が減ってしまったりという状況になっています。
こうなると、まず出産をする場所が少なくなり患者は困ってしまいます。
出産は少し離れた病院にいっても、いざというときに頼れる病院がなくなって、赤ちゃんやお母さんが危険な状態に陥るなど、お産をする環境が悪くなってしまいます。

二つ目に挙げられるのが、産婦人科の過酷な労働環境です。
お産はいつ訪れるかわかりませんから、24時間365日の体制整備が必要となります。
医師不足もあり、多くの医師が長時間勤務を強いられているのが実情です。
時には夜勤でほとんど眠ることができず、そのまま日中の勤務を行うこともあります。
また、お産といえども場合によっては出産時に死亡するなどということも少なからずあります。
このような医療事故に対する対応も必要になると心身ともに疲れ果ててしまいます。
そうかといって、産婦人科医の給料が高かったり待遇がよかったりするのかというと、そうではありません。

出産時には欠かせないはずの重要な仕事をしているのに、労働環境に恵まれないということで、産婦人科医になりたいという学生が減ってきているのも医師不足の原因です。
また、医師マッチング制度の導入により、さまざまな診療科の研修を受けた学生が、産婦人科を敬遠する傾向にあるのも事実です。

このようにさまざまな問題が絡み合って、産婦人科医師は慢性的な不足状態に陥っています。
将来を担う子どもたちが生まれてくるその瞬間に立ち会う産婦人科がこのような状態では、社会全体が困ることになります。
医療業界だけでなく、地域社会を巻き込み、全体として考えるべき問題といえそうです。

ページの先頭へ