外国人医師について

イラスト
  スポンサード リンク

日本で慢性的な医師不足が問題になる中、外国人医師を活用しようという声があがりはじめています。
日本人医師が少ないならば、外国人を雇えば良いのではないかということですが、さまざまなメリットとデメリットがあるのが実情です。

まずデメリットですが、一般的に多くの方が不安に思われるのが言葉の問題ではないでしょうか。
患者が病院に訪れるとき、例えば、緊急時だったり、言葉を発するのも大変だというときには、日本語であっても意思疎通がままならないこともあります。
それが外国人医師だった場合、なかなか言葉や思いが伝わらないのではという心配があります。
もちろん相応の日本語力がある医師が多いのでしょうが、いざというときのことを考えると、不安な気持ちになるのもうなずけます。

外国人の採用に積極的なところもあるようですが、実際には外国人医師による診療には制限があります。
基本的に日本の医師免許を持っていない外国人医師は、日本国内での診療行為は限られた範囲内でしか行うことができません。
つまり、海外の病院で長年勤めた経験があったり、腕が確かだとしても、日本で日本人医師と同じような診療はできないとされているのです。
そのため、現実的には外国人医師の診療はほとんど行われておらず、結果的に外国人医師の採用が進むこともなかったわけです。

このような状況に対して、日本医師会はどのような見解を示しているのかというと、診療は、各国の医療レベルに応じたものでなければならないので、日本の医師免許を持っていることが必要だという意見を示しています。
医師不足を解消するならば、外国人医師に頼る前に根本を改善すべきというのが基本的な考え方のようです。

確かに外国人医師の採用は難しいところが多く、諸外国でも外国人医師の診察は認めていない、もしくは制限を設けていることがほとんどだといわれています。
これだけグローバルになった現代、日本には外国人の方もたくさん在住していますから、外国人医師が診察するとなれば、大きなメリットが出てくると考えられます。
よって、医師不足解消のために外国人医師を採用するのも一つの方法といえますが、推進は難しいのが現状のようです。

ページの先頭へ