• Home
  • 医師について

医師について

医師不足の問題 近年、医師不足の問題が新聞やテレビで取り上げられることが多くなりました。
現在、日本の医師の数は29万人ほどといわれていますが、ある計算では、日本の医師の数は10万人不足しているといわれています。
医師の給料 医師の給料は、年収にすると1,200万円程度、月収にすると80万円程度と、一般の仕事に比べるとかなり高い額になっています。
医師の給料はなぜこんなにも高いのでしょうか。
医師の年収 医師の年収というと、かなり高いイメージがありますね。
実際その通りで、ある調査では、医師の平均年収は、1,159万円、月収にすると、88万円、さらに、時給にすると5,079円と、かなり高給だという結果が出ていました。
医師資格について 医師は国家資格のため、医師になるためには医師国家試験を受けることが必要となります。
つまり、医師は医師国家試験に合格して医籍登録という手続きを行い、厚生労働大臣から医師免許が与えられなければなりません。
医師の国家試験 医師国家試験は、医師になりたい人が医師国家資格を取得するための国家試験です。
医師国家試験は誰でもすぐ受けられるわけではなく、その前提条件として、大学の医学部を卒業見込み、または、卒業していることが必要となります。
医師の登録 医師になるときには、国家試験に通ったあとに医籍登録が行われます。
つまり、医師である人は、必ず登録がされているということです。
現在でも時々医師免許を持っていない人が医療行為を行っていたことが問題になり報道されていたりします。
医師の留学 留学とひとくちにいってもさまざまな留学がありますが、その中には医師留学というものもあります。
医師が留学をするメリットには、どのようなことが挙げられるのでしょうか。
医師のマッチング制度 医師のマッチング制度、医師臨床研修マッチング(研修医マッチング)は、医師免許をもらって臨床研修を受けようとするいわゆる研修医と、臨床研修を行う研修病院の研修プログラムを研修医と病院側の希望を踏まえ、一定の規則に従って、コンピューターによって組み合わせを決める制度のことです。
産婦人科の医師 近年医師不足が叫ばれていますが、その中でも特に不足しているといわれるのが産婦人科の医師です。
産婦人科といえば、妊娠、出産や赤ちゃんのことでお世話になる機会の多い診療科ですが、なぜこんなに医師不足が進んでいるのでしょうか。
外国人医師について 日本で慢性的な医師不足が問題になる中、外国人医師を活用しようという声があがりはじめています。
日本人医師が少ないならば、外国人を雇えば良いのではないかということですが、さまざまなメリットとデメリットがあるのが実情です。
ページの先頭へ