医師の仕事内容

イラスト
  スポンサード リンク

医師という職業のイメージというと、ステータス性が高い収入がダントツに良い、というものが多いようです。
こうしたイメージで、あこがれる人も多いようですね。
確かに報酬面だけをとってみれば、色々な職種の中でも常にトップレベルに属していますし、ハイランクのお仕事と言えるかもしれません。
でもその反面、その仕事内容は責任も重く、スケジュール的にも大変ハードな仕事といえます。

医師と言えば、言わずと知れた、医療や保健の現場で患者を診察し、医療行為の指揮をとる立場です。
医師の判断や許可がなくては行えない医療行為は多数あり、言葉を換えれば、それだけ全ての責任を負わなければならない立場にあるといえます。
文字通り人の命を預かる仕事であり、知識面、技能面、そして精神面でもしっかりしていないと続けていけない仕事と言えるでしょう。
また、医療現場では、その場の治療状況によって時間通りに仕事を区切るというわけにはいきません。
必然的に、当初の仕事時間を大幅に超過して働いている医師たちも多いようです。

医師の仕事内容も、その勤務先や勤務形態によって大きく変わってきます。
大病院に勤務する人、自分の病院を持って診療と経営、両方にあたる開業医、診療行為には携わらず、製薬会社などで医学関連の研究者として働くなど、さまざまな形態があります。
どの道を選ぶかによって、その仕事内容・仕事量・報酬などにも大きな隔たりがでてくるようです。
以前は、病院で働く医師の世界には「医局制度」と呼ばれる独特の世界があり、自分の意志よりも医局の人事に従って働かざるを得ない状況が存在していましたが、最近は医師の世界にも自由化が広がってきており、自分で自分の仕事場を選ぶ医師たちが徐々に増えてきつつあるようです。
勤める病院や企業の経営方針・ポリシーなどによって医師に求められる仕事の内容も大きく変わってきますから、自分の希望やポリシーと合致する勤め先を選ぼうとする人たちが増えてきているということでしょう。
いずれにしろ、人の命に関わる仕事であり、また医療知識・技術は日々進化していっていますから、医師にとっては、働いている限り生涯が勉強といえるかもしれませんね。

ページの先頭へ