開業医師になるには

イラスト
  スポンサード リンク

医師国家試験に無事合格し、医師としての免許を取得することができたら、いよいよ現場で医療の仕事に携わることができます。
どのような形態の医者となるかという選択肢はいくつも出てきます。
その方向性はさまざまですが、その選択肢の一つの中には、開業医と言うものがあります。

開業医のメリットは、何と言っても自分で病院を持てると言うことに尽きます。
極論を言えば、一城の王様と言うことです。
もちろん、実際にはそう簡単になれるわけではありませんし、開業医には開業医の難しさもあります。
何しろ、大手の病院とは違って一から根を生やしていくことになるので、最初は患者との、そして地域との信頼を築くことからはじめなければなりません。
しかし、それを差し引いても開業医となるメリットは大きく、魅力的です。
医師としてやりがいを感じられる仕事をしたいと言う人は、開業医を選ぶことを視野に入れておいて損はないでしょう。

そんな開業医となるためには、いくつかの難題をクリアしなくてはなりません。
まず、どこに病院を構えるか。
その土地のコストはもちろん、病院の場合は立地条件が大きくものを言います。
場所探しに苦労する開業医志望の医師は、決して少なくはありません。

次に、その土地における診療圏内の状況把握です。
どれくらいの人口で、どういった構成になっているか。
患者数はどれくらいが見込まれるか。
周辺にどのような交通機関や施設があるのか。
どれくらいの数の病院があるのか。
そういったリサーチは、事前に絶対必要です。

さらに開業医となると、当然自分で経営理念、運営計画を立てなくてはなりません。
いくら病院と言っても、患者が集まらなければ当然破綻します。
経営という点を考慮しなくては、開業医は務まりません。
収支をはじめ、様々な経営、管理が必要となってきます。

こういった問題は、医療機関専門のコンサルタントや、支援、アドバイスを行っている機関に相談、あるいは支援依頼をすることである程度解消できます。
すべて人任せというわけにはいきませんが、経営のことはまだわからない若い医師が路頭に迷わないよう世の中には数多くの支援機関があるので、そういった機関を有効に活用するのが開業医となる近道と言えるでしょう。

ページの先頭へ