非常勤医師の現状

イラスト
  スポンサード リンク

常勤の医師で賄えない部分のピンチヒッター、あるいはまたまだ経験の浅い研修医のトレーニングの場として存在するのが「非常勤医師」というポジションです。
しかし最近では、この非常勤医師の存在なくしては立ち行かない病院も多いと言われるほど、非常勤医師の存在がクローズアップされています。
特に地方では深刻な医師不足が存在し、その分を埋め合わせるために週末勤務だけでなく、日常的に非常勤医師を採用している病院が増えているようです。
また2004年から刷新された研修医に関する新制度によって、研修医が医局にとらわれずに自由に自分の勤務先を選べるようになり、おのずと病院も他からの非常勤医師を探さざるを得なくなったという状況も存在しています。

慢性的な医師不足の昨今、非常勤医師に支払われる報酬はびっくりするほど高額です。
診療科目によってもバラつきはありますが、特に直接命に関わるような診療科では、1日で20万円くらいの報酬をもらうことも可能とされています。
他の職種ではちょっと考えられない高給と言えるでしょう。
常勤の医師から、よりスケジュール面でも自由になれる非常勤医師になって、フリーランスで働いている医師たちがいるのもうなずけます。
とはいえ、非常勤医師になる医師たちに最も多い理由は、やはり体力面、その他の理由で当直の多いハードな常勤医師として働けないという事情にあるようです。
このため、子育てなどとの両立をはかる女性の医師に、非常勤として働いている人が多いわけですね。

いくら報酬が良いと言っても、非常勤医師の仕事は楽ではありません。
当たり前のことですが、常勤医師と同じように患者の命を預かる責任の重い仕事ですし、その仕事内容は常勤医師となんら変わるところはありません。
医療現場では、手術やその他の治療の成り行きによって、思っていた時間で勤務を上がれないことももちろん頻繁にあります。
特に自治体関係の病院では、この超過勤務分の支払いが認められていない場合も多く、問題となっているようです。
いずれにしろ、近年増加の一途をたどっている非常勤医師の求人。
実務と待遇の面で、これから一層の改善が求められていくことは間違いないでしょう。

ページの先頭へ