医師の求人-美容外科-

イラスト
  スポンサード リンク

近年、最も医師の人数が増えている診療科といえば、美容外科が挙げられるでしょう。
その需要の増加は、高齢化社会となって多くの要治療者が増えているリウマチ科やリハビリテーション科、あるいは精神疾患者の急増、精神に関する疾患の注目度によって需要が伸びている精神科、心療内科といった所と並ぶほどです。
そのため美容外科の医師の数は足りず、求人が出される頻度はトップクラスとも言われています。

美容外科は、その名の通り美容に関する外科治療を施す診療科です。
整形外科のように、怪我や病気などによって変形してしまった箇所を元に戻すような処置よりは、より美しく、よりキレイにするために整形手術を行ったり、身体の一部を整形したりする診療科であるため、危機管理という点においては、そこまで大きな責任を背負わなくても良いという先入観のある診療科でもあります。
実際、他の診療科と比べると、命を預かるという面に関してはやや希薄と言えるかもしれません。
もちろん美容外科では手術を行いますし、麻酔を使うことも多く、実際には命に関わるトラブルもあり得るために決して軽視することはできませんが、比較の問題として、他の診療科よりも精神的な負担がやや少なくて済む科といえる部分はあるかもしれません。
そういった点もあって、美容外科への転科を望む医師はかなりいるようです。

こういった背景に加え、近年の美容整形ブームも手伝って、美容外科の需要は未だかつてないほど膨らんでいます。
その中でも特に求人が多いのが、美容専門のクリニックです。
クリニック自体の数が急増しており、全国規模の展開をしている所もかなり増えていていることから、慢性的な医師不足になりつつあります。

そのため求人の出されている数は、さまざまな診療科の中にあってもトップクラスではないでしょうか。

それだけの数の求人があると、どうしても楽に転職できると考えがちですが、実際には美容外科への転職は覚えなくてはならないことがたくさんあり、そう簡単ではありません。
ただ、美容に関する他の分野で働いていた人が開業するなどの前例も多数あるため、転職しやすい診療科であるとはいえるでしょう。
将来的な展望に関しても明るい見通しがある科ということで、美容外科は今後さらに人気を集めることになりそうです。

ページの先頭へ