医師の製薬会社への就職

イラスト
  スポンサード リンク

医師といえば病院やクリニックで働く姿を思い浮かべる方が多いと思いますが、製薬会社へ就職する医師も少なからずいます。
ただ、一般的には製薬会社に勤める医師の姿を目にすることはあまりないために、どのような仕事をしているのかよくわからない、イメージできないという人が多いかもしれません。
また、医師として働く人の中にも、製薬会社へ就職することをあまりイメージしていない人や、転職することに疑問や不安があるという人が多いようです。

製薬会社に就職する医師の職種としては、メディカルドクターと呼ばれる業務があります。
メディカルドクターは、主に臨床開発に関わることになります。
例えば、新薬を開発するときには薬剤師など薬関係のスペシャリストが中心になりますが、その薬を実際に処方する医師の意見も重要になります。
そこで、新薬を作る過程において薬に対する見解などを示すのがメディカルドクターの役目となります。
新しい薬を開発しても、実際に医師が使いにくいとなると意味がありませんので、そういう意味では、非常に大切な役割を果たすのです。
その他、治験で集まったデータを分析、解析したり、新薬を厚生労働省に届け出るときの文書を作ったりと、メディカルドクターにはさまざまな業務があります。

それから、新薬が市販された後に安全性を評価する仕事もあります。
新薬は、実際に使いはじめると副作用などが問題になることがあります。
市販する前に十分に確認されていても問題が起こることがあり、このような状況に対処するのも重要な仕事で、臨床現場からのデータなどをまとめて解析を行い、対応策を考えます。

また、マーケティングの仕事もあります。
新薬は、実際の臨床現場で効果的に使われていないとあまり意味がありません。
そのため、新薬が有効に使われているか調査をしたり、もし有効に使われていなかったら改善するという役目を担います。
医師という立場だからこその、経験や知識をいかして深い意見を出すことが求められます。

医師の仕事でありながら、あまり一般的には認知されていない製薬会社への就職ですが、医療業界には必要不可欠な仕事です。
興味のある方は、この道へ進むことを考えてみても良いのではないでしょうか。

ページの先頭へ