歯科医師の求人

イラスト
  スポンサード リンク

歯科医院は、皆さんがお住まいの地域にもたくさんあるのではないでしょうか。
実は、歯科医院の数は現在飽和状態にあり、その数はコンビニや郵便局よりも断然多いとされています。
そして、そこに勤務する歯科医師の数ももちろん多く、現在、歯科医師の数は10万人以上にものぼります。
歯科は他の診療科に比べると、独立、開業する人が多い診療科で、ある程度経験を積んだら独立する人がほとんどです。

このような状態のため、歯科医師の求人は基本的にたくさんあります。
しかも、歯科医師は女性医師が多いのが特徴で、若手の医師だけを見ると、全体の40%が女性です。
ただし、結婚や出産をすると辞めてしまう人も多いため、全体を見ると比較的多いという感じになります。
見方によっては、歯科医師は手先の器用さが大切で、加えて力仕事も少ないことから、女性に向いている仕事といえるかもしれません。
いずれにしても女性医師が辞めてしまうケースもあるため、求人数は比較的多い傾向にあります。

歯科医師の求人は、基本的には病院のツテが多いようです。
歯科医師は大学の歯学部を卒業して国家試験を受けているため、大学のつながりがあります。
自分が所属していた医局のつながりや、先輩医師などから話がくることがあるようです。
その他には、歯科医院のホームページで募集されていたり、医療関係の求人サイトなどでも募集情報を見ることができます。

勤務医の場合、歯科医師の月収は25万から70万円程度で、キャリアや勤務先によって大きく異なります。
ただし、歯科医師の過剰な地域もあり、そのような地域では求人が少なく医師過剰の状態になっていたり、月収が極端に低い場合もあるようです。
また、最近多い審美歯科など自由診療の病院の場合は、比較的月収が高くなります。

歯科医師で求人を探している人は、同じ歯科医の仕事をしても、月収やその他の条件がかなり異なるということを前提に、よく調べてから就職、転職することが大切といえます。
また、独立したい場合には、歯科医師としての技術の他に、歯科医院が飽和状態の中でいかに運営していくかという経営能力も問われることになりますので、このあたりも磨いていくことが必要です。

ページの先頭へ