医師の転職−循環器内科−

イラスト
  スポンサード リンク

循環器内科では医師のニーズは潜在的に高いと言われており、ステップアップのための転職の可能性が十分にある分野です。
転職先も幅が広く、総合病院から専門病院、クリニックなど、さまざまな職場への転職を考えることができます。

ただし、循環器内科、といわれて真っ先に考える「心臓カテーテル」に限っていえば、この分野での医師の求人はそれほど多いわけではなく、心臓カテーテルの専門医としてのみ転職したいという希望の方にはなかなか厳しい状況といえるでしょう。
心臓カテーテルのためには病院側に大規模な設備投資が求められるというのが、この状況の原因の一つのようです。
新たにこの分野に参入を図る病院も増えてはいますが、同時に費用的に経営が続かなくなってこの分野をカットする病院も出てきているため、全体としての医師の需要は足踏み状態にとどまっているようです。

心臓カテーテルに専門を絞らなければ、循環器内科の医師への需要はそれなりに高く、より良い職場への転職の可能性は十分あります。
特に最近の高齢化社会、生活習慣病の増加といった流れの中で、循環器内科の医師のニーズは高まっていく傾向にあり、一般の内科などに続いて求人ニーズが高い科目の一つと言われています。
生活習慣病に関わる診療が主な場合では、循環器内科のみでなく、全体的な内科の広い知識も求められてくるようです。
特に循環器内科の医師が求められていない場合でも、消化器科の医師で補っている病院なら循環器の専門医を受け入れてくれる可能性が十分ありますから、掛けあってみる余地があると言えるでしょう。

また、臨床分野に限らず、製薬会社などでも、臨床開発などの分野で循環器の専門医を求めているところが数多くありますので、研究開発の道に転職したい方にもうってつけといえます。
広い視野で転職先を探せば、循環器内科の医師が求められている分野は選択肢の幅が広く、収入面でも、スキル面でも、ステップアップを図れる可能性が十分にあるといえるでしょう。
転職を真剣に考えている循環器内科の医師には、心臓カテーテルといった専門分野のみに縛られず、様々な活躍の分野を考えて、新しい職場を探すことをおすすめします。

ページの先頭へ