医師の転職−皮膚科−

イラスト
  スポンサード リンク

皮膚科という部門は、医療界の中では比較的転職しやすい診療科と言われています。
難易度がそれほど高くないというのが最大の理由でしょう。
あくまでも医師全体の中でということではありますが、他の診療科から移りやすいという意味では、転職に向いている診療科と言えます。

皮膚科は、診療科全体の中にあって比較的多いほうです。
2004年の統計では、全体の3%が皮膚科の医師として働いています。
3%という数字だけ見ると一見少ないように見えますが、診療科の種類はかなり多く、細分化されているため、これでも多い部類に入るのです。
ちなみに最も多いのは内科で、30%近い割合となっています。

皮膚科は人数が比較的多い診療科ではありますが、それでも医師の数が足りていないのが現状で、求人はかなり出ています。
特に、美容整形の専門クリニックが皮膚科で働ける人材を募集しているケースが多く見受けられます。
現在、美容整形の需要はかつてないほど伸びています。
そのため、美容関係のクリニックがかなり多く新設されているのです。
そういったところからの募集が多く見受けられるので、結果的に皮膚科にもスポットが当たっていると言えるのです。

皮膚科へ転科することを考える場合、そのメリットは結構あります。
まず、他の診療科と比べてハードではないという点。
もちろん、楽ということは全くありません。
今の時代、医療関係に従事する人は皆、なかなか休みも取れないほど多忙を極めています。
その中では、皮膚科はまだ休みをとりやすい方に含まれるということですね。

皮膚科への転科を考えている場合は、今の職場があまりにハードで余裕がないというケースが向いています。
また、現在の診療科では技術的に厳しいと考えている人が、皮膚科へ移るということも考えられます。
これも皮膚科の仕事が簡単というわけではありません。
近年美容関係の医療に対しての世間の風当たりがかなり強くなっているため、背負う責任は決して小さくはないのです。
ですが、全く別の診療科から転科してくることを考える場合は、敷居はそう高くないといえる診療科なのです。

皮膚科の求人は比較的多く出されているので、ある程度職場を吟味できるという点も、メリットと言えるでしょう。

ページの先頭へ