製薬企業への医師の転職

イラスト
  スポンサード リンク

医師の転職先、と言ってまず真っ先に思い浮かぶのは病院などの医療機関ですが、医師が活躍できる場は、こうした臨床系以外にも広がっています。
特に最近注目されているのが、製薬会社への転職です。

かつて日本では、新薬の開発にあたっては大学の医局などへ外注を行い、共同開発スタイルをとるという形が主流でした。
しかし、海外市場への進出や海外企業との合併などをうけ、最近では他の外資系企業と同じように、外注ではなく自社内に「メディカルドクター」と呼ばれる、新薬開発にあたって必要な医学的専門知識を持った医師を採用するところが増えてきています。
まだまだそうしたドクターが国内企業では足りていない現状がありますから、転職を考えている医師にとっては食い込むチャンスとも言えます。

臨床医から製薬会社へメディカルドクターとして転職する場合は、それまでの臨床経験を元に管理者待遇で転職できる場合が多く、また、臨床医よりも報酬が上がる場合がほとんどで、かなり有利な条件で転職できる確率が高いといえます。
通常、製薬会社では臨床経験5年以上の医師を求めていると言われ、特に実際に治験に関わっていた経験は評価されます。
もちろん臨床ではなく研究者としての勤務になりますから、病院勤務のようなキツい当直もなく、フレックススタイルなど自分に合った勤務スケジュールを組めるのも製薬企業に転職する大きなメリットといえるでしょう。
また、研究者として自分の専門分野を一層深く追求できるというのも、多くの医師にとって魅力となっているようです。
最近の世界スタンダードで薬を同時開発する風潮を受け、海外出張が頻繁にある製薬会社も多く、その場合、留学経験などを持っていれば、転職に際しても有利になる可能性が大です。

製薬会社での業務内容は、データ解析、医療の情報収集、安全性の評価など、さまざまなものがあります。
闇雲に報酬面などだけを見て転職先を決めてしまうと、自分がしたかった業務と全く違う…という場合もあり得ます。
そのため転職にあたっては、自分の追求したい専門分野や業務内容をしっかり見据え、その上で自分の希望に合った求人を行っている製薬会社を探すことが大切です。

ページの先頭へ