医師の転職−産業医−

イラスト
  スポンサード リンク

最近注目度が上がっている医師の転職先の一つに、産業医があります。
産業医とは、企業などで働く労働者の健康管理・監督を行う医師のことです。
実際、50人以上が働いている事業では、産業医を置くことが法律でも取り決められており、必須の存在です。
最近ではこの産業医にかかわる求人も増えてきており、転職先の一つとして注目のフィールドです。

まず、産業医の業務ですが、従業員の健康や職場環境の管理、またアドバイザーとして働くことになります。
従業員への定期健診の実施なども含まれますが、産業医はオペなどの医療行為に携わることはないわけです。
多くの中小企業では産業医を嘱託として雇っており、いわゆる非常勤の形で医師が雇われています。
非常勤の産業医の多くは別に仕事を持っており、それに加えて産業医業務を行っているケースがほとんどです。
ただし、労働者1,000人以上の大規模企業では法律で専属の産業医を置くことが定められているため、常勤の産業医が必要になってきます。
産業医はその業務の性質上、病院勤務のように夜勤になることもありませんし、定時で仕事が行えるため、医師の転職先の一つとしてそれなりの人気を集めているようです。

産業医への転職を考えているなら、まずは認定産業医資格を取得しましょう。
これは日本医師会が定めている資格で、所定の研修施設で決められた単位を履修する必要があります。
認定産業医資格を取ったら、非常勤、または専属の産業医への転職が可能になります。

産業医求人の情報を得るには地元の医師会に問い合わせる方法もありますが、多くの場合医師会に来る企業からの問い合わせは少なく、半年に1件ほどのコールしかない…という状況のところも少なくないようです。
医師会を通じて産業医としての転職先を見つけるのは、なかなか難しいのが現実のようです。
逆に、インターネット上の医師専用の転職サイトなどでは産業医求人が増える傾向にあるようですから、こうしたサイトを利用してみるのも良いでしょう。
産業医の専用ページやコーナーを設けているところなどもあり、非公開求人なども満載ですから、是非こうした転職サイトに登録して情報をチェックしてみましょう。

ページの先頭へ