• Home

看護師の求人の状況

イラスト
  スポンサード リンク

医療業界は慢性的な人手不足に悩んでいるということをよく耳にします。
特に看護師は求人を出す病院と職を求める応募者とのバランスがとれておらず、全国的に人手不足が深刻な問題となっています。
その背景には、看護師の資格は持っているけれど、結婚や出産のために退職してしまう人が多いということがあるようです。

このように、看護師資格を所持していながら仕事に活かしていない人たちは「潜在看護師」といわれ、全国的にたくさんいるそうです。
看護師の仕事というと長時間勤務や当直などがあり、さらに責任を持った正確な仕事が求められるため、子育てや家事をこなしながら両立していくのは難しいという現実もあるのでしょう。
ある意味仕方のないことかもしれませんが、資格があるのに活かせないのはなんだかもったいない話ですね。

また、看護学校を卒業しても、病院に入って1年の間に毎年1割の人が辞めているという現実もあります。
この1割は、勉強をして資格を取ったはいいけれど、多くの求人情報の中から安易に仕事を選んだり、仕事になじめなかったり、充分な教育を受けられずに退職してしまう人たちです。
看護師は、新人とはいえしっかりとした仕事ぶりを求められる世界ですから、長く続けていくのは厳しいのかもしれません。

このような理由から、現在看護師の求人状況は非常に売り手市場です。
ある程度の経験があれば、求人を出している大半の病院で採用してもらえるほどです。
とはいえ、就職できればどこの病院でも良いというわけではありません。
病院にはさまざまな診療科があり、いろいろなスタンスで診療をしているため、ある程度その方向性に納得できる病院を選ぶ必要があります。
また、看護師は女性が多く、人間関係に悩むという声もよく聞かれます。
そのため働き口があっても、結局躊躇してしまう人も少なくないようです。
さまざまな要因で看護師さんが不足してしまっているのですね。

このような状況から、最近はパートやアルバイトで働き、自分の時間や子育ての時間を確保したいという看護師が増えているようです。
また、循環検診や高齢者の入浴介助などダブルワークができる仕事に就き、自分の時間を確保する人も増えてきています。
このように自分のライフスタイルにあわせて働き方を選ぶ看護師は、今後どんどん増えていくのかもしれません。

ページの先頭へ