看護師になるために必要なこと

イラスト
  スポンサード リンク

看護師になるには看護師の国家試験に合格し、資格を得る必要があります。
そのためしっかりと勉強して知識を得ると共に、相応の実績や学歴もなくてはなりません。
看護師は誰でもなれるものではなく、きちんと勉強してある程度の適正があることを試験によって明らかにすることで初めて就ける仕事なのです。

看護師の国家試験に合格するためには、いくつかの教育機関や専門施設で学ぶ必要があります。
試験を受けるには、「看護養成学校で3年以上学んだ実績があるか、看護養成学校の卒業、もしくはその見込みがある人のみ」という受験資格が設けられているためです。
単に知識があるだけではなく、養成学校で一定以上の期間学んでおかなくては、資格を得ることも就職することもできません。

看護師の養成学校にはいくつかの種類があります。
最も早い年齢で入学できるのは、高等学校衛生看護科です。
つまり、高校の衛生看護科ですね。
ここに3年間在籍していれば、卒業後にすぐに国家試験を受けることができます。
また、卒業していなくても卒業できる見込みがあれば、その時点で試験を受けることも可能です。
この流れが、看護師になる上では最短ルートと言えます。

次に、看護専門学校も養成学校のひとつです。
看護師になる人の多くがこの看護専門学校に入学し、受験資格を得ています。
高校を卒業した後にまだ資格を得ていないという人や、勉強が足りないからより専門的な知識を学ばなくてはならないと感じている人などが看護専門学校に入学します。
看護専門学校は、通常であれば3年、定時制であれば4年での卒業となります。

高校卒業後の進路としては、短大や大学という選択肢もあります。
短大の場合は2年間での卒業となりますが、3年通う必要なく受験資格を得られるという点は大きなメリットと言えるでしょう。
実際、多くの看護師希望者が短大に入学しているようです。
基本的には、看護学部や学科がある大学ということになりますが、近年看護系の学部や学科を新たに設置する大学が増えており、実質的に看護大学が増えていることになります。

その他に看護師になる過程としては、准看護師という資格もあり、准看護師の受験資格を得るための准看護学校もあります。
准看護師は、働ける範囲よりは看護師よりは狭くなりますが、近年では看護師とあまり変わらない業務をこなすケースも増えており、職場では同じような扱いで重宝されることもあります。
そのため、まず准看護師の資格を取って就職し、その後に働きながら看護師資格を取得する方も多いようです。

ページの先頭へ