看護師になるために必要な能力とは

イラスト
  スポンサード リンク

看護師に必要な能力は、簡単に身に付けられるものではありません。
ある種の才能のようなものでもあります。
生まれながらに持っている性格も大きく関わると言っても良いでしょう。
もちろん、全く身に付けられないわけではなく、努力次第でどんな人でも看護師として就職できる可能性は持っていますが、どのような職業にでも向き不向きがあるのと同じで、看護師に関してもやはり職業との相性というものが存在します。

看護師としての主な仕事は、「診断の補助」と「療養の補助」の2つです。
診断の補助は医師の治療を手助けし、患者に対する治療をサポートする役割を差します。
医師の出した指示に対して忠実に従い、薬を投与したり、注射をしたり、点滴を打ったりなど、さまざまな仕事があります。
また、検査の介助をはじめとした治療やその準備に関するサポート全般も行います。
これに関しては病院に行った時に、実際にその病院で働く看護師さんの仕事を目の当たりにする機会も多々あるでしょう。

療養の補助は、入院、外来患者の病気や怪我を治すための治療を補助する役割です。
主に、基礎体温の測定、病院内での生活の補助など、こちらもたくさんの仕事があります。

これらの仕事を行う上で看護師として必要な能力は、やはり根気と気配りに尽きます。
看護師は、体力、精神力共に非常に消費が激しい仕事です。
時には注射を嫌がる子供を諭したり、薬の投与を嫌がる子供を押さえたりしなければなりません。
全ての看護師がそういった仕事をするわけではありませんが、長い勤務時間の中で、体力は自ずと必要となります。
そして何より、不安にかられている患者と向き合うには、患者を安心させてあげられる安定した精神力が必要です。
看護師として就職するということは、不安定な精神状態の人と接する機会が激増するということを意味します。

資格を取って看護師になり、就職した医療機関や施設で長年勤めあげるには、看護師としての能力が一定以上必要です。
一定以上というのは誰でも身に付けられる水準でもありますが、看護師に必要なスキルを身に付けるには、やはり努力や経験が必要です。
誰でもできる仕事ではないですが、誰にでもなれる職業。
それが、看護師なのです。

ページの先頭へ