看護師の理念は「笑顔」

イラスト
  スポンサード リンク

看護師の理念を考える上でまず必要なことは、看護師の仕事の辛さ、きつさ、苦しさを知ることです。
「白衣の天使」などというイメージだけで理念を考えようとしても、実際には理想と現実のギャップに悩むことになるでしょう。
重要なのは、現実を知り、その上でどう行ったことが必要か、どのようなことを胸に刻むべきかを学ぶことです。

看護師という仕事に持たれるイメージの多くは、「優しい」、「気遣いができる」、「憧れ」といったものです。
ですが、それはあくまでも外部から見たイメージです。
確かに、そういった患者に対する接し方をわきまえることは必要ですし、看護師になった場合はそれを求められます。
しかしながら、それはあくまでも患者に対してのことで、中では天使とは程遠い大変な仕事が待っています。
特に看護師同士の人間関係には、多くの人が頭を悩ませているようです。

看護師の仕事は非常に長い時間拘束されることもあり、非常に精神的に辛いものです。
そのため、精神的に余裕を持とうとしても、なかなかそれが実現できず、物理的な忙しさから患者に対して十分なサービスや気遣いができないということもあります。
看護師になりたての人の多くは、そういった現実と理想とのギャップに悩んでいるのではないでしょうか。

そういった中で一つ理念を持つとすれば、それは「笑顔を忘れない」ということです。
常に笑顔でいるのは、難しいことかもしれません。
肉体的にも、精神的にも、かなりハードな職業だからです。
ですが、看護師という仕事は、患者に不安を与えてはならない仕事です。
そのため、患者と接する時には、常に笑顔でいることが求められます。
その点を辛いと感じる人もいるでしょう。
ですが、逆にそれを利用する、という方法もあるのです。

笑顔を作るために、リラックスをすることを考える。
息抜きをすることに罪悪感を持たず、仕事のためと考える。
こうすることでプロフェッショナルとしての仕事を全うできるのならば、それは大きな意味を持ちます。
笑顔を作れる精神状態になることも、立派な仕事のうちなのです。
笑顔でいられる自分をプロデュースすることが、看護師として一番持つべき理念と言えるかもしれません。

ページの先頭へ