看護師の専門学校

イラスト
  スポンサード リンク

看護師の資格を得るための国家試験には、専門学校などの卒業、課程を修了していることという受験資格が決められています。
つまり、看護師を目指すのであれば、看護専門学校などに通い、そこでしっかりと学習し、きちんと卒業する必要があるのです。

看護師の専門学校として最も一般的な看護専門学校は、一般的には全日制で3年の修業年限が設けられています。
例外的に、准看護師の資格を持っている場合は、2年で修了できるコースが用意されています。
この場合は通信制で学ぶことも可能なため、准看護師として既に病院等に就職して仕事をする傍らで学校に通うことが困難な時には、通信制を利用する人がほとんどと言われています。

看護師の専門学校を卒業すると、すぐに国家試験の受験資格が得られます。
そのため、基本的には学校に通いながら受験対策をします。
そういう意味では、普通の高校や就職専門学校などの学校と大きな差はありません。
もちろん、学ぶ内容は看護師としての仕事に活かすための知識に特化してはいますが、形態としては、他の専門学校と大きな差異はありません。

「看護専門学校」と記述した場合、そのカテゴリーには大学を含むケースもあります。
看護専門学校は看護師の国家試験の受験資格を得る学校、という定義付けがされているためです。
この場合は、看護科のある大学や短期大学も含まれますが、大学と専門学校とを区別するケースもあります。

看護専門学校にはいくつかの設置主体があり、どんな機関の運営かによって特徴が異なります。
例えば、医療法人、社会福祉法人などが運営している学校と地方公共団体が運営している学校とではそれぞれに異なる特徴があり、また厚生労働省、すなわち国が所轄する法人、病院が運営しているケースもあります。

看護専門学校を卒業したら国家試験を受けるのが一般的ですが、近年ではさらにそこから大学へと編入するケースも近年では増えています。
保健師や助産師の勉強をする人には、特にそういったケースが多いようです。

看護師の専門学校で学ぶ内容は、決して難しくはありません。
ある程度根気強く勉強していけば卒業することは決して困難ではなく、一から学ぶ人でも十分に看護師の資格を得られる可能性はあります。
看護師になりたいと思ったならば、迷わずこういった学校の門を叩いてみましょう。

ページの先頭へ