看護師国家試験の勉強法

イラスト
  スポンサード リンク

看護師の国家試験は、決してハードルの低いものではありません。
しかし、合格するための勉強法は複雑ではありません。
大学、高校の入試試験と同様に、しっかりと対策を練れば十分に対応できます。
そのため、看護師試験に合格して資格を得るためには、準備を入念にすることが大切といえます。

ただし、近年の看護師国家試験の出題傾向が変わってきている点は無視できません。
以前の試験と比較すると、知識の幅、判断力、問題に対するアプローチなど、実践で役立つ能力が求められるようになってきているのです。
そこには、現場でより即戦力となる看護師を輩出したいという意図があるのでしょう。
そのため試験勉強に関しても、以前とは少し違った方法で対策することが必要となります。

とはいえ、基本的には以前の勉強方法が役に立たないなどということはありません。
むしろ、ベースの部分は同じと考えて良いでしょう。
従来の勉強法に近年の出題傾向への対策を上乗せすれば、それで十分に対応可能です。
過去の方法を切り捨てず、従来の勉強法で基礎的な学力を身に付け、その後に現在の試験に対応できる勉強法を取り入れていけば、必ず看護師資格は取得できます。

看護師国家試験の勉強法は、まず出題傾向を探ることからはじまります。
基礎を身に付けることも必要ですが、それは既に専門学校等で学んできたことである程度培われているものと思われます。
最初に試験の出題傾向を確認し、その段階でわからない問題などをチェックしながら、基礎部分で自分の力が足りないと感じる分野を再度おさらいしていくという方法が良いでしょう。

出題傾向を探る最も効率的な方法は、過去問を見ることです。
看護師国家試験の勉強法は、できるだけ過去問を解いて出題傾向を知り、応用力を身に付けることが大切なのです。
過去問の収集は、市販されている問題集などで行えます。
もし通っている専門学校などに過去問があれば、確認の後にそれをプリントアウトして使用する形でも問題ないでしょう。
通信講座を受講している場合は、受講内容に組み込まれているか、もしくは対策講座をプラスするなどの形で、そのスクールで過去問の傾向を踏まえて編集した問題を解く講座が用意されています。

ページの先頭へ