看護師就職の現状

イラスト
  スポンサード リンク

稀にみる就職難とも言われている昨今、無事就職するにはどんな資格を取れば仕事探しに有利かと考える方も多いことでしょう。
一般的に買い手市場とされる職探しの中で、慢性的な人手不足に悩む医療現場は一種の売り手市場といえ、特に看護師はどこでも需要の高い職業の一つであり、就職先を探しやすい資格です。

高齢化の流れと相まって、いつでも需要の高い看護師は職にあぶれることの少ない資格といえます。
看護師として働く人の大部分は女性であり、女性にとって安心して働ける環境の職場です。
例えご主人の転勤で引っ越し…というような場合にも、看護師なら就職口を日本全国どこでも探すことができます。
慢性的な看護師不足に悩む現場では、よほどのことがなければ就職の面接を受けに行って相手先から断られることはないといわれるくらい、他の職種では考えられないほど就職口は引く手あまたです。
また、一般のサラリーマン並みの収入を得ることができるのも看護師の仕事の大きな魅力です。

ただ、もちろん看護師の仕事はメリットばかりとはいきません。
看護師の仕事はよく知られている通り、変則的でハードなものになりがちです。
例えば通常の病院勤務であれば基本的に3交代のシフト制の場合が多く、日中だけでなく夜間勤務もこなさなければなりません。
看護師は人の命を預かる職業であり、責任感や使命感なくしては務まらない職業であることもまた確かです。
逆にいえば、真摯に取り組むなら本当にやりがいのある仕事ともいえます。

ここで、看護師の就職口を探す際のコツをひとつ挙げてみましょう。
看護師の仕事場といえばまず病院が挙げられますが、病院勤務とひとくちにいってもその仕事場の環境、勤務条件にはかなりのバラツキがあります。
看護師のフィールドは売り手市場ともいえますから、就職先を慌てて決定する前に勤務条件や環境等をしっかりと比較して決めるようにしましょう。

近年看護師の就職口は病院のみに限られてはいません。
病院の枠内を超え、訪問看護施設やケア施設等、看護師の活躍の場は大きく広がっています。
医療現場の細分化が進められている分、以前と比べても自分の条件に合った就職先を探しやすくなったといえるかもしれませんね。

ページの先頭へ