• Home
  • 看護師の仕事

看護師の仕事

国家試験の出題基準について 看護師の国家試験を受験する人にとって試験の出題基準が重要ということは、看護師を目指す学生の間では意外と知られていなかったりします。
試験勉強を行う前に、必ずこの出題基準はチェックしておきましょう。
ファーストレベル課程 看護師のファーストレベル課程とは、簡単に言えば、看護師の中で管理職にあたるポストに就くことを目指す人が受ける課程のことです。
どんな仕事においても言えることですが、管理職というものはある程度のキャリアを要します。
認定看護師になる 認定看護師の種類は、かなり多く枝分かれしています。
通常の看護師や准看護師との大きな違いは、より専門的になっている点と言えるかもしれません。
認定看護師教育課程 認定看護師教育課程とは、認定看護師になるための必須課程です。
つまり、認定看護師となるために必要なさまざまな勉強を、この場で行うことになります。
認知症認定看護師 認知症認定看護師とは、認定看護師の中において認知症に対しての知識や処置方法、技術などを習得していることが認められた看護師で、主に認知症患者へのケアが仕事になります。
精神科認定看護師 認定看護師の中でも精神科認定看護師は、近年かなり需要を伸ばしている職業といえます。
メンタル面でのケアは年々必要性を増しており、特に最近では医療の現場においてそれが求められる傾向にあります。
皮膚排泄認定看護師 皮膚排泄認定看護師は、「WOC看護認定看護師」とも呼ばれています。WOCとは、創傷を意味するWound、ストーマを意味するOstomy、失禁を意味するContinenceの頭文字をそれぞれとったもので、これらに対してのケアを行うのが皮膚排泄認定看護師の仕事ということになります。
重症集中管理看護師 重症集中管理看護師とは、重症集中ケアに関するさまざまな技術と知識を獲得し、手術後の不安定な患者の容態に対し適切な看護や判断ができるよう努める専門の看護師です。
退院調整看護師 退院調整看護師の一番の役割は、退院の支援です。
入院した患者が病院を出る際に適切なケアを行い、心身ともに充実した状態で日常生活に戻るために生まれた職業といえます。
退院支援の重要性 医療現場でいつも求められている看護師という仕事。
正看護師資格に比べ、年齢的にも経済的にもハードルの低い准看護師を目指す方も少なくないようです。
特定看護師の存在意義 退院支援の仕事は、看護師が行うケースがほとんどです。
退院調整看護師など、近年ではそのスペシャリストの育成も盛んに行われている一方で、退院支援の重要性をまだ完全に把握できていない施設も多いと言われています。
ブレストケア ブレストケアのブレストは医療用語で胸という意味を持つ言葉で、ブレストケアとは、乳がんや乳房の病気に必要なケアや治療のことをいいます。最近、乳がん検診を受けましょうということが盛んにいわれていますね。
感染症看護専門看護師 感染症に対して接する看護師には、感染症看護専門看護師感染管理認定看護師の2種類があります。
いずれも感染症のスペシャリストではありますが、それぞれに求められるものは異なるため、同じようなものということはありません。
産業看護師 産業看護師とは、ひとことで言えば産業における現場で治療や産業看護を行う看護師を指します。
産業看護という言葉自体あまり聞きなれないものですが、近年重要視されはじめている分野であり、その需要は徐々に高まってきています。
産業カウンセラー 看護師が産業カウンセラーを目指す場合には、ある程度広い視野が必要となります。もっとも、看護師自体が非常に視野の広さを必要とする職業であるため、看護師として働いている時点で、ある程度の適正はあると考えて良いかもしれません。
ページの先頭へ