ブレストケアのチーム医療を行う看護師

イラスト
  スポンサード リンク

ブレストケアのブレストは医療用語で胸という意味を持つ言葉で、ブレストケアとは、乳がんや乳房の病気に必要なケアや治療のことをいいます。
最近、乳がん検診を受けましょうということが盛んにいわれていますね。
日本では乳がん患者が年々増加し続け、女性のがんの中では最も発症率が多くなっています。
しかし、乳がんは早期発見すれば90%以上は治るとされている病気です。
つまり、早期発見のチャンスを逃してしまったことにより手遅れになってしまう人が多くいるということです。
そのため、ブレストケアの重要性が叫ばれているのです。

ブレストケアや乳がんの治療は多岐にわたり、さまざまな治療が行われます。
もし乳がんと診断されたら、手術、化学療法、内分泌療法、放射線療法などを短くても半年、長いと5年以上かけて行わなければなりません。
しかも働き盛りの時期やお子さんをお持ちの方が罹患することも多く、身体的な問題だけでなく、精神的、経済的、社会的な問題をも抱えつつの治療となるため、さまざまな医療スタッフがチーム医療を行うのが一般的です。

そのため最近の病院では、ブレストケアや乳がん治療にチーム医療を導入するところが増えてきています。
チーム構成は、乳腺外科医、形成外科医、病理医から、看護師、薬剤師、放射線技師、細胞診断士、理学療法士などとなり、これだけ見てもかなり幅広い治療が行われるということがわかります。
このような状況に伴い、ブレストケアを行うための看護師の求人も増えてきています。
看護師は、このチーム医療を行うメンバーの中でも、患者の近くでさまざまなケアを行う重要な役割を果たします。
そのため、看護師の存在は必要不可欠となります。
乳がん患者の多くは女性ですから、特に女性の看護師さんだと安心感が高いですね。
同じ女性として相談できるところも多く、ブレストケアを行う看護師さんが必要となるわけです。

ブレストケアは、これからますますその重要性が高まっていくものと思われます。
乳がんをはじめとするがん治療に興味がある看護師の方や、女性患者の手助けをしたいと思われる看護師さんは、一度ブレストケアのチーム医療の求人を調べてみると良いかもしれません。

ページの先頭へ