産業技術の発展とともに需要が高まる産業看護師

イラスト
  スポンサード リンク

産業看護師とは、ひとことで言えば産業における現場で治療や産業看護を行う看護師を指します。
産業看護という言葉自体あまり聞きなれないものですが、近年重要視されはじめている分野であり、その需要は徐々に高まってきています。

産業看護とは、労働者、事業者といった産業を行っている人達に対して組織的な看護を行い、その健康を支援し、より豊かな事業を行ってもらうという理念のもとで行われている活動です。
具体的な仕事を挙げると、職業において健康を害する事項に対する予防に努め、労働がもたらす疲労に対しての分析、相談、労働力の促進や維持を図り、ひいては生産性の向上を目的とした計画、実践等が挙げられます。

産業看護の特徴は、当然ながら、労働に対してのアプローチにあります。
それがどのような仕事でも、その仕事の特徴、疲労する原因、問題点などをしっかりと把握し、その部分の改善に努めながら、現状における労働者、事業者の健康状態を逐一チェックし、健康を維持させるという産業組織におけるリカバリー役に徹するのが主な役割です。
そのため産業看護師は、働いている人が病気になったり、怪我をしたり、精神的に参ったりしないように安定した環境作りを行うと共に、治療や看護も適切な処置を行うという非常にハードな仕事となります。

産業看護師の主な職場は、その業務の性質上、工場等になります。
以前は、工場等にはその施設お抱えの保健師や診療所が常備されているのが通常でした。
工場では怪我人が毎日のように出るため、その度に毎度病院へ行かせているとコスト的にも作業効率の観点からも、あまり合理的とは言えないためです。
しかし年々技術が発展し、機械の安全性の向上などもあり、徐々にこういった施設の設置や有資格者の保健師を雇用する方がコスト的に厳しくなり、今では診療所などを設置する工場は減ってきました。

その一方で、ちょっとした怪我よりも仕事をしていく上でのストレスや精神的な問題が多く見受けられるようになり、そのケアができる人材として産業看護師という仕事が必要とされるようになったのです。
そのため、産業看護師は怪我や病気の看護だけではなく、精神的なケアも行うのが一般的です。

ページの先頭へ