英会話力のある看護師の求人

イラスト
  スポンサード リンク

最近、英会話力のある看護師の求人が増えてきています。
その背景には、外国人の居住者が増え、病院でも英語で対応しなければならない場面が増えてきているということがあるようです。
日本も国際化が進み、東京や大阪、名古屋などの大都市圏だけでなく、地方都市でも多くの外国人が住むようになりました。

短期の留学、家族での移住、結婚、仕事など、海外から日本に移り住む方の理由はさまざまですが、そうした方たちが病気になったり、怪我をしたりすることも当然あります。
そうなると日本人と同じ病院に足を運ぶことになりますが、そこに英会話力のある看護師がいなくて困ってしまうということはよくあるようです。
そのため、外国人居住者が多い地域や病院などでは、英会話力のある看護師の求人を出しているのです。

ただ、英会話といっても、病気や怪我など医療関係の言葉で話すことが多いのが病院です。
日常会話はもちろんですが、病気や医療の用語を理解できるレベルの英会話力が必要とされます。
そのため、最近は医療用語などにもきちんと対応できるように英会話の勉強をする看護師も増えてきているようです。
海外への留学経験や居住経験などがあれば、短期間で英会話力をつけることができるでしょうから、帰国子女の看護師などが挑戦するケースが多くみられます。

英会話力のある看護師は、もちろん待遇もよくなります。
その人がいなければ、外国人の方の対応がしっかりできない場合も出てくるわけですから、給料がよくなるのは当然ですね。
また、そこで重宝されれば、ずっと勤め続けることも可能です。
ずっと同じ職場で勤務すれば、将来的には看護師長などになることも夢ではありません。
病院側だけでなく、外国人患者の皆さんにもきっとありがたいと思われるでしょう。

もし現在看護師として働いていて、ある程度英語力がある方は、医療系の英語にも強くなって、さらなる待遇アップを狙ってみてはいかがでしょうか。
看護師としての仕事の幅が、今よりグッと広くなる可能性があります。
また、これから看護師を目指す方は、英会話力をつけておくと、より多くの求人に有利な条件で応募することができるかもしれません。
看護師としての勉強と英会話の勉強の両立は大変ですが、将来のためにこのようなことも考えておくと良いでしょう。

ページの先頭へ