看護師のダブルワークの求人

イラスト
  スポンサード リンク

最近、ダブルワークで働く人が増えてきました。
ダブルワークとは、2つや3つの職種を掛けもちして仕事をする就業スタイルです。
正社員として働いていたけれど、給料が極端に減ってしまったために別の仕事も掛けもちしようという人や、いくつかのパートやアルバイトを掛けもちして生計を立てようという人が増えてきたのです。
ダブルワークをする人の職種はさまざまですが、医療業界では看護師のダブルワークが増えています。

例えば、お子さんがいるためにフルタイムで働くのは無理という人が他の仕事と看護師とを掛けもちしたり、正職員ではない立場で働きたいという人がダブルワークをしたりするようです。
看護師のダブルワークが可能な求人は比較的多く、求人サイトなどを探すと、結構多く見つけられます。

よくあるのが、循環検診の看護師の求人です。
循環検診とは、各自治体をまわったり、企業や団体をまわったりして検診を行うものです。
毎日ではなく、1年に1~2回くらいの頻度で不定期に行われるもので、この検診の要員として看護師を募集しています。
不定期なだけに正職員の看護師さんでは難しいため、他の仕事を掛けもちしているダブルワークの看護師さんが重宝がられるのです。

ただ、この場合働く場所はその検診先になりますので、勤務地がその時々で変わります。
また、時期によって検診が多い時と少ない時とがあるため、その点は理解しておくことが大切です。
しかし、看護師の資格を持っていて、他の仕事と掛けもちしたいという方にとっては、好都合な仕事といえるのではないでしょうか。

その他、福祉や介護の分野において、高齢者の入浴介助の仕事でもダブルワークが可能な看護師の求人が増えています。
入浴介助は、ヘルパーさんと組んで仕事をしていくために未経験でも大丈夫ですし、スケジュールに合わせて都合の良い時間に勤務できるので、無理なくダブルワークが可能なのです。
高齢化社会を迎え、今後は福祉や介護の分野でダブルワークが可能な仕事がさらに増えていくのではないでしょうか。
現役の看護師はもちろん、これから看護師になろうと考えている人は、このようにいろいろな働き方があるということを知っておくと良いでしょう。

ページの先頭へ