看護師のアルバイト

イラスト
  スポンサード リンク

医療業界にはさまざまな職種がありますが、中でも慢性的に求人があるのが看護師です。
看護師の仕事は正職員や契約職員として勤める他、パートやアルバイトなど働くスタイルがいろいろとあり、選択肢が広いのが特徴といえます。
また、病院は全国各地、津々浦々にあるため、場所を選ばず仕事ができるというのも特徴のひとつです。
しかも、大学病院のような大規模な病院から、個人の開業医、福祉施設、保健施設などでも看護師が必要になることがあり、需要は非常に高いといえます。
ある意味、看護師はいくらいても足りないような状態ですので、慢性的な人手不足に陥っているのです。

看護師のアルバイトの求人はとても多く、応募する人もかなりの数に上るようです。
働く看護師の側からすると、正職員などで勤務すると長時間働かなければならなかったり、当直があったりして勤務は非常にハードになります。
その点アルバイトの看護師なら、短時間で都合の良い時間を選べるため、給料はやや低くなるものの、自由に仕事ができるという点にメリットを感じている人が多いようです。

一方、雇用する病院や施設側からすると、短時間だけの雇用になるため、人件費が安く済むというメリットがあります。
他の仕事と違って看護師は免許が必要ですので、免許を持っていて経験があれば即戦力として使えるということも大きいようです。

看護師のアルバイトの大きな特徴といえるのは、時給が高いという点です。
一般的なアルバイトの場合、700円、800円、あるいは、高くても1,000円、1,200円程度ですが、看護師のアルバイトでは、1,400円、1,800円、高い場合は2,500円などということも稀ではありません。
これが夜勤や特別な技術が必要な場合になれば、さらに高くなることもあります。
もちろん看護師の免許を持っていて、必要な技術や経験があるからこそですが、一般のアルバイトと比べると、かなり時給が高いことがわかります。

最近の傾向として、看護師のアルバイトは特に介護の分野での需要が多いようです。
高齢化社会に突入して高齢者が増え、介護を受けたい人が急増しているためです。
これから看護師のアルバイトを探す方は、介護関係で探してみると好条件の求人が多く見つかるかもしれません。

ページの先頭へ