看護師の単発求人

イラスト
  スポンサード リンク

最近は、看護師にも単発の仕事の求人が増えてきています。
例えば、土日のみクリニックに勤務して予防接種を行う仕事があります。
働けるのは予防接種が行われる日時に限りますが、時給は多くが2,000円以上で残業などもないため、単発の求人を探している人には嬉しいお仕事といえるのではないでしょうか。
特に、予防接種が得意な方にはピッタリですね。

また、健診の仕事も求人数は非常に多いようです。
企業や官公庁などに出向いて健診業務を行うもので、具体的には、採血、血圧計測、尿検査、記録などの仕事があります。
こちらも健診が多い時期だけの単発の求人となりますが、短時間で効率的に働きたいという方にとってはうってつけの仕事といえそうです。

他には、夜勤の看護師を単発で募集している求人も見られます。
仕事内容は病院によりますが、病棟をまわって患者さんの様子に変化がないかをチェックするのが主な業務です。
正職員の看護師だけだと夜勤を嫌がる人も多いようで、このような単発の求人も増えています。
夜の時間帯に働きたい人や、いろいろな事情で夜のほうが都合がいい人にとっては、ぜひチェックしておきたい仕事といえるでしょう。

このように、看護師の単発の求人が増えている背景にはさまざまな事情があるようです。
病院側としては、正職員で勤めている看護師の負担を少なくしようという考えや、単発にすることで人件費を安く抑えたいという考えがあるようです。
また、現在看護師は慢性的な人手不足に陥っており、大変な売り手市場です。
正職員で募集をかけてもなかなか看護師が集まらないこともあるため、このような形で人手不足を補おうという考えもあるようです。

その一方で、看護師側としては、正職員よりもこのような単発のお仕事をすることで、家事や育児などの自分の時間を確保したいという思いがあるようです。
実際、結婚や出産を機に、看護師の資格を持っていても看護師を辞めてしまう人が多く、このような方が単発の仕事を多く受けているのかもしれません。
最近は看護師に限らず、さまざまな働き方をする人が増えてきていますので、これからは、看護師にもこのような単発の求人がどんどんと増えていくのかもしれません。

ページの先頭へ