訪問看護師の求人

イラスト
  スポンサード リンク

訪問看護師は、要介護状態の人に対して訪問看護を行う看護師のことをいいます。
日本では、30年ほど前から訪問看護師が誕生し、高齢化社会を迎えた今では、かなり数が増えてきています。

訪問看護師になるには、看護師の国家資格が必要になります。
自治体によっては、訪問看護のための研修を受けてから看護にあたらせているところもあります。
訪問看護師も、一般の看護師と同じく慢性的な人手不足に陥っています。
特に、訪問看護は24時間体制で業務にあたらなければならない場合があり、夜間の勤務者が少なく充分なケアができていないのが現状といえます。

このような背景から、訪問看護師の求人はたくさんあります。
とはいっても、訪問看護は大変そうというのが一般のイメージですね。
訪問看護は、利用者の自宅を訪問し、看護をしたり、バイタルチェックをして入浴介助するのが主な仕事です。
訪問介護を行うメリットは、利用者の自宅でしっかりとケアができるため、その人に深く関わることができるということです。
病院勤務の場合、1人1人に関わっている時間はなかなかないかもしれませんが、訪問看護ならば、病院とはまた違った看護ができるというわけです。

訪問看護師の求人は、医療関係の求人サイトなどを見るとたくさん出ています。
働き方は、正社員だけでなくパートやアルバイトなどさまざまな就業スタイルがあります。
正社員でしっかり働くという方法もありますが、時間給になっていて勤務した時間だけ報酬がもらえるパート、アルバイト、派遣といった形態での看護師の仕事もあります。
このような働き方ならば、自分の時間を確保しながら働くことも可能ですね。
また、給料は全般的に比較的高めの設定となっています。
正社員の場合はもちろん、アルバイトの時給も高額が相場です。

これからさらなる高齢化社会を迎えるにあたり、訪問看護師の需要はさらに増えていくものと見込まれています。
訪問看護師や福祉、介護に興味のある看護師は、今から経験を積んでおけば、訪問看護師として広く活躍できるかもしれません。
看護師の皆さんの中には訪問看護の仕事を敬遠する人も多いようですが、一度仕事内容や求人情報を調べてみると、新しい発見があるかもしれません。

ページの先頭へ