小児科の看護師の求人

イラスト
  スポンサード リンク

看護師として働く現場はさまざまにある中で、小児科で働きたいという人も多いようです。
最近は少子化が進み、小児科自体が少なくなっているため、看護師の求人もやや少なくはなっていますが、それでも子どもたちはたくさんいますので、小さな命を守るために小児科で働く看護師さんは日夜奔走しています。

小児科の看護師さんの仕事内容は、まず採血などの医師の治療のお手伝いです。
子どもの場合、注射というだけで恐がりますし、中には逃げ出したり泣きだしたりする子も多いですから、どうしても看護師さんの手が必要になります。
それから、医師の指示にあわせて、洋服をめくったり、体の向きを変えたり、口を開けたりと、子どものそばについてさまざまな介助を行うのも大事な仕事です。
その他、乳幼児ならばミルクを飲ませたり、お風呂に入れたりというお世話をすることも看護師さんの仕事です。

小児科で働きたいという方には子どもが好きな方が多いと思いますが、病気や怪我をしている子どもの扱いはなかなか大変なものです。
まだ話ができない子だとコミュニケーションを取るだけでもひと苦労ですし、急に具合が悪くなったりすることもよくあります。
また、小さな子どもの診察はお父さん、お母さんなどが付き添われている場合がほとんどで、家族に対する対応も必要となってきますので、このあたりにストレスを感じる人も多いようです。
そのため、小児科ならではの患者さんの扱い方を心得ておく必要があります。
慣れないうちは大変かと思いますが、ポイントをおさえておけば必ず対応可能です。
逆に、ベテランの方や小児科専門の方の中には、このあたりにやりがいを感じる人も多いようです。

一般的には、小児科は大変というイメージがあるようですが、実際に小児科で働いている看護師さんは、「やっぱり子どもってかわいいな」「小児科って奥が深いな、おもしろいな」と感じるそうです。
元気になった子どもたちに、「看護師さん、ありがとう」と言われれば、嬉しくないはずはないですね。
小児科の看護師の求人は、看護師の求人サイトなどで見つけることができます。
病院独自で募集していることも多いですから、医療系の求人転職サイトとあわせて病院のサイトなどもチェックしてみると良いでしょう。

ページの先頭へ