公務員の看護師の求人

イラスト
  スポンサード リンク

看護師の中でも国立病院や公立病院で働いている看護師さんは、公務員になります。
ここ数年不況が長引く中、安定した職を求める人が増えているために公務員の人気は高く、求人倍率も全国的にみて高くなっています。
看護師の求人も例外ではなく、国公立病院で働く公務員の看護師は人気が高いようです。

公務員の看護師の場合、民間の医療機関と比べてどのくらい倍率が高いかということですが、これは病院の所在地や規模の大きさなどによって大きく変わるようです。
一般的には、地方よりも首都圏、小さい病院よりも大きな病院のほうが倍率が高くなっているようです。
ただ、看護師は慢性的に人手不足といわれているため、倍率が高くても看護師資格を持っていれば入職できる場合が多いようです。
とはいえ、もちろん看護師としての基礎的な知識や技術は必要ですし、経験年数や実績があればそれだけ高く評価されるのは間違いありません。

公務員の看護師さんのメリットは、何といってもその安定性でしょう。
最近は、病院でも破綻する時代になりつつあります。
少子高齢化が進み、診療科によってはなくなってしまう場合もあります。
しかし、公務員の看護師は、他の公務員の職種と同じく立場がしっかりとしていますから、将来的な心配を感じることがあまりありません。
また、将来が安定しているということでは、現在も安心して働くことができます。

気になるお給料ですが、これは必ずしも全国一律ではありません。
これも首都圏のほうが比較的高く、地方のほうが低めなっているようです。
また、病院の規模や役割などによってプラスされることもあり、詳しくは病院ごと、診療科ごとに調べる必要があります。
ただし、どこの病院に行っても極端に給料が少ないというわけではありませんので、あまり心配することはないでしょう。

最近の求人サイトでは、このような公務員の看護師の求人を集めて掲載しているところもあります。
求人数は民間病院に比べるとやや少ないですが、こまめに情報をチェックしているといろいろな求人が見つかるはずです。
また、各病院のホームページで募集されていたりすることもありますので、就職、転職を希望している方はいろいろと調べてみると良いでしょう。

ページの先頭へ