看護師の再就職

イラスト
  スポンサード リンク

「潜在看護師」という言葉をご存知でしょうか。
看護師としての国家資格を持ちながら、何らかの理由で現在看護師の仕事をしていない人のことをこう呼びます。
全国規模でみると、潜在看護師はなんと50万人以上もいると言われています。
看護師不足に悩む医療現場にとって、潜在看護師に再就職してもらうことは急務となっているともいえるでしょう。

看護師は、一旦離職すると再就職する人が少ない職業と言われています。
結婚や出産、子育てなど、看護師が離職する理由はさまざまですが、一旦仕事を辞めた看護師の多くが再就職をためらうようです。
その理由の大きなものに、日進月歩の医療現場があります。
自分が休んでいたブランク期間中にどんどん変わっていっているであろう医療技術や最新の知識のことを考えると、復職に二の足を踏む人がほとんどなのです。
看護師の仕事は人の命を預かるものですから、こうした不安を抱えたまま再就職を決意するのは、確かに容易なことではありません。

最近ではこうした現状を踏まえ、多くの都道府県で看護師の再就職をサポートするセミナーが数多く開かれています。
最新の医療現場の知識を教えてもらえるとともに、実際の臨床実習が組み合わされているものも多く、知識と技術の双方に磨きをかけ、再就職への不安を解消することができます。
看護師の人材紹介サービスを行っている企業でも、こうした再就職支援のセミナーは定期的に開催されているようです。
看護師の現場感覚を取り戻すサポート体制も、以前と比べてかなり整ってきているといえるでしょう。

人手不足に悩む医療現場にとって、看護師資格を持った人たちは貴重な存在です。
就職難といわれる時期にあっても、看護師は職にあぶれる可能性の少ない資格といえます。
せっかく取った看護師資格を、数年の休職を理由にそのまま眠らせてしまうのは宝の持ち腐れです。
今まで培ってきた看護師としての経験やキャリアは、途中にブランクが入ったとしても貴重なものです。

ハードな仕事と言われる看護師の業務ですが、最近では勤務形態を柔軟なものに設定したり、再就職した後もスキルアップやサポートを目的とした看護師のためのセミナーを開いたりと、看護師が働きやすいように現場でもさまざまなサポートが行われています。
復職を迷っている方は、看護師の再就職支援のプラグラムを上手に活用し、もう一度医療現場に、やりがいのある業務に戻ってみることを考えてみてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ