看護師求職中の面接の心構え

イラスト
  スポンサード リンク

一般に看護師の仕事はかなりの売り手市場と言われ、こちらが就職したい心構えであれば、よほどの理由がない限り面接などで不採用となることはないとされています。
そうは言っても過信は禁物です。
こういう話はあくまで一般論であり、全体的に見ての話なのです。
昨今では看護業務の現場も細分化が進み、勤務条件などもかなりの違いがあります。
あなたが良いと思った条件は他の人にもそう思われている可能性が高く、有名な大病院や勤務条件が良い求人募集に関しては、やはり競争率が高くなっている可能性が高いのです。
他の分野に比べて就職しやすい看護師のフィールドですが、やはり社会人としての常識、姿勢を持った上で真摯に面接に臨みましょう。

まず、面接といえば第一印象が大切です。
どんな職種に関しても言えることですが、スーツその他、きちんとした身だしなみで面接に臨みます。
特に看護業務に携わることになるわけですから、面接時には看護師らしい、お化粧は控え目、マニキュアなし、長い髪はまとめ、派手さを抑えた清楚な身だしなみが好印象といえます。
患者さんともこういう風に接していくのだろうな、と思わせる、爽やかで明るいハキハキとした受け答えができることも重要です。

面接時には、自分の看護観、なぜこの職場を選んだかなどが聞かれることの多い質問ですので、その場になって慌てないよう、あらかじめ頭の中でまとめておくようにしましょう。
転職を決めた理由、前の職場を辞めた理由などもよく聞かれる質問です。
勤務がハードだった、人間関係が大変だった…といったマイナス理由を挙げ連ねるのは印象が悪いものです。
これからの仕事に対する意欲が感じられるようなプラス面をできるだけ答えるようにしましょう。

また、これは面接時のことではありませんが、短期間での転職が多い履歴はマイナス点を付けられる可能性が高いといえます。
勤務意欲や真剣さなどを疑われてしまう可能性があるためです。
もし何らかの理由で短期間での転職が重なってしまったような場合には、その理由をきちんと話してフォローした方が無難でしょう。

こうしたポイントをきちんとおさえ、自分らしさを出しながらプラス点を前面に押し出せたら、面接は成功といえます。

ページの先頭へ