看護師転職先としての療養型医療

イラスト
  スポンサード リンク

誰でも知っているように、看護師の仕事はとてもやりがいがある半面、肉体的にも精神的にもかなりハードな業務といえます。
特に急性期病棟で働いている人は多くの負荷がかかり、時には残念ながら体力的、精神的にギリギリの状態になってしまう看護師も後を絶ちません。
多くの医療処置を目にし、看護師としてのやりがいを感じられる業務ですが、その分多くのストレスも存在します。
自分に危険信号が出ていると感じるなら、急性期から療養型への転職を考えることもひとつの方法といえるかもしれません。

バリバリの看護職というと急性期のイメージが強く、急性期の第一線でずっと頑張らなくては…と考える看護師さんもいるようですが、転職先として療養型病院はなかなか良い選択といえます。
実は全体の医療の中で急性期医療が占めている割合は、10%くらいと言われています。
高齢化社会の日本において、大部分の医療活動は療養型医療なのです。
看護師不足に悩んでいる現場も多く、転職者を求めている療養型病院もたくさんあります。
また、今までの急性期病床に加えて新たに療養型病床を増床している病院もあり、これからの療養型医療のニーズの高さをうかがわせます。
患者さんと深くかかわり、心身のケアを行っていく療養型医療は、急性期医療のような華やかさはないかもしれませんが、看護師としてのやりがいを感じられる仕事分野です。

中には周りの看護師にかかる迷惑を考えて、自分がギリギリのところまできているのに転職をなかなか言い出せない、という方もおられますが、本人が倒れるところまでいってしまっては逆に周りに迷惑をかけてしまいます。
転職をするにもエネルギーが要りますし、新たな仕事場や業務に慣れる必要もあり、最後の一線まで無理をしすぎると、看護師として復職不可能になってしまうことも考えられます。
こうした時には転職により、自分に合ったワークスケジュールや業務を行える職場を選ぶことが重要です。

療養型医療のニーズは、これからも増える傾向にあります。
また、さまざまな形の療養型医療がありますので自分に合ったスタイルも探しやすく、新たな転職先として多くの看護師に注目されそうな分野といえるでしょう。

ページの先頭へ