薬剤師の予備校

イラスト
  スポンサード リンク

薬剤師の資格を取得するためには、大学の薬学部を卒業し、薬剤師の国家試験を受けて合格する必要があります。
薬剤師は国家資格がないとできない仕事ですから、何よりもまずは資格取得が必要となります。
資格の取得後は、研修などを経て一人前の薬剤師となりますが、一度資格を取得すれば、一生有効になりますので、資格を活かして仕事を続けたいという人には、薬剤師は人気の仕事です。

薬剤師の国家試験の合格率は70%程度と比較的高いのですが、合格するためにはそれなりの努力が必要です。
大学でも国家試験対策などは行われますが、それだけでは不安という人は、薬剤師国家試験取得のために予備校に通う人も多いようです。
いわゆるダブルスクールで受験に備えるということです。
また、新卒のときには合格できなかった既卒の人なども予備校に通う場合がありますので、さまざまな人が勉強をしています。

代表的な薬剤師国家試験のための予備校としては、日本医薬アカデミー、薬ゼミ、ファーマプロダクトやメディセなどがよく知られています。
これらは東京や大阪などにある予備校となりますが、最近はサテライト授業などもありますので、東京や大阪で行われている授業を地方の予備校の教室で受けることができる場合もあります。

さらに、予備校ではさまざまなコースが用意されています。
例えば、週末だけのコースや夏休みだけの集中コース、それから、通信教育のコースや在宅コースなどもありますので、それぞれの状況にあわせて利用すると良いでしょう。
また、薬剤師の予備校の授業料は、コースによって大きく変わります。
実際に通う場合はより割高になりますが、週末のみ、夏休みのみ、あるいは通信教育、在宅の場合は、比較的授業料は抑えられています。

また、予備校のメリットに、同じ目標に向かって頑張れる仲間や素晴らしい先生に出会える可能性もあります。
特に、既卒者の場合は大学に通わない分孤独になりがちですが、予備校に行って一緒に頑張れる仲間を見つけて取り組むというのも良いかもしれません。

さまざまなメリットがある薬剤師国家試験のための予備校。
これから国家試験合格を目指している方は、予備校への入学を一度検討してみるのも良いかもしれません。

ページの先頭へ