薬剤師のeラーニング

イラスト
  スポンサード リンク

eラーニングとは、パソコンや携帯端末など情報技術を使って行う学習スタイルのことをいいます。
特に、英語のリスニングや会話力アップなどの教材が多く、他にもいろいろなものがあるので、皆さんも言葉くらいは聞いたことがある、という人が多いのではないでしょうか。
そしてその中には、薬剤師のeラーニングもあります。

薬剤師になるためには、大学の薬学部を卒業した後、国家試験を受けて合格しなければなりません。
国家試験の合格率は70%程度と比較的高いのですが、国家試験だけに簡単なものではありません。
そこで国家試験対策として、eラーニングを受講する人も多いようです。
薬剤師は、一度取得すれば一生有効な資格となりますから、合格を完璧にするためにeラーニングを活用するようです。

薬剤師は比較的女性が多い仕事ですが、結婚や出産などによって資格を十分に活かしていない人が少なからずいるのも事実です。
子どもが大きくなったり、仕事ができる環境が整うと再び現場復帰する人も多いようですが、ブランクがあると、時代の流れの中で薬学の状況も変わってしまうので、以前の知識や経験がそのまま活かせるというわけではないのが実際のところです。

そんな方のために、ブランクあけの薬剤師向けのeラーニングというものもあります。
実際には講習会などもよく行われているのですが、時間の都合がつかなかったり、場所が遠くて通えなかったりする場合もあるかもしれません。
そういったときに、eラーニングが役に立ちます。
eラーニングは、自宅にいながら、しかも、自分の都合の良い時間に勉強できるものが多く、勉強の時間が取りやすいのが魅力です。

薬剤師として現役で頑張っている人の中にも、自分の知識をより深めたいという理由でeラーニングを活用している人は多いようです。
薬剤を取り巻く状況は日々変化していきますので、より精度の高い仕事をしたいのならば、毎日の勉強を欠かすことはできません。

eラーニングは自分の生活スタイルに合わせて勉強できるのもさることながら、受講料がリーズナブルなのも魅力です。
ただし、勉強のタイミングなどは自分次第ということになりますので、しっかりと目標をもって取り組む姿勢が必要となります。

ページの先頭へ