• Home
  • 薬剤師について

薬剤師について

薬剤師不足の実状 高齢化社会に突入した日本において、医療関係の仕事に関する問題点は山積みとなっています。
その中でもとりわけ深刻といわれるのが、医者や看護師、薬剤師の不足です。
薬剤師の資格 薬剤師は、薬剤師法第1条にて、「調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保する高度専門職業人である」と定義されています。
薬剤師の国家試験 薬剤師国家試験は、薬剤師資格を取得するための試験です。
薬剤師になりたい人は、必ずこの試験を受けて合格しなければなりません。
薬剤師国家試験の合格率 薬剤師になるためには、大学の薬学部を卒業した後、国家試験に合格する必要があります。
その薬剤師国家試験の合格率は、例年70%程度とされています。
薬剤師資格の難易度 高く安定した収入が得られると言われる薬剤師。
この薬剤師の資格を取るためには薬剤師国家試験を受ける必要がありますが、その合格率は70〜80%ほどであると言われています。
薬剤師は6年制 医師になるには、大学に6年通わなければならないということはよく知られています。
薬剤師はというと、これまでは4年が基本でした。
薬剤師と4年制大学 法律の改正に伴って、薬剤師になるための国家試験を受けるには、4年制ではなく6年生制の薬学部コースを卒業することが必須になりました。 これによって、多くの大学では4年制の薬学部が廃止され、6年制のコースに移行しつつあります。
薬剤師と専門学校 なにか医学関連や薬学関連の仕事に就きたい、それなら薬剤師を目指して勉強しよう!と志した場合ですが、薬剤師になるためには、国家試験を受けて薬剤師免許を取得する必要があります。
薬剤師の予備校 薬剤師の資格を取得するためには、大学の薬学部を卒業し、薬剤師の国家試験を受けて合格する必要があります。
薬剤師は国家資格がないとできない仕事ですから、何よりもまずは資格取得が必要となります。
薬剤師になるための学費について 薬剤師を目指すにあたって、ネックになりやすいのがその学費です。
薬剤師になるための学費は、一言でいうと決して安くはないというのが本音のところでしょう。
薬剤師のeラーニング eラーニングとは、パソコンや携帯端末など情報技術を使って行う学習スタイルのことをいいます。
特に、英語のリスニングや会話力アップなどの教材が多く、他にもいろいろなものがあるので、皆さんも言葉くらいは聞いたことがある、という人が多いのではないでしょうか。
薬剤師の届出 薬剤師は、薬剤師の国家試験に合格して薬剤師資格を持ち、病院やドラッグストアなどで調剤を行うのが主な仕事です。
一般的にはあまり知られていないかもしれませんが、薬剤師には届出を行う義務があります。
薬剤師の年収 薬剤師というと、医師ほどではないにしても高給なイメージがありますが、実際の年収はどのくらいなのでしょうか。
薬剤師の平均年収は、およそ500万円といわれています。
薬剤師の平均年収(給与) 薬剤師というと、比較的年収が高い仕事というイメージがあるのではないでしょうか。
薬剤師は国家資格が必要な仕事ですので、その分やはり年収や給料は高い傾向にあります。
薬剤師の時給 薬剤師の時給というと、大抵の方が高いというイメージがあるのではないでしょうか。
実際その通りで、ある求人サイトが調べたアルバイトの時給に関するデータによると、アルバイト全体の時給平均は980円程度です。
薬剤師の研修 薬剤師になるには、まず大学の薬学部に入学して薬学の基礎知識を身につけ卒業した後、薬剤師の国家試験に合格することが必要となります。
薬剤師の就職 最近は不況などのために就職難が問題になっていますが、薬剤師の就職に関しては、ドラッグストアの増加などによって慢性的な人手不足に陥っており、途切れることがないようです。
薬剤師と英語 薬剤師の仕事には特に英語は必要ないのではないかと思ってしまいますが、最近では、英語力が高い薬剤師は重宝される傾向にあるようです。
薬剤師の仕事内容 薬剤師の資格を持っている人は病院やドラッグストアに勤務するケースが多いので、比較的身近な存在といえます。
薬剤師の進路 薬剤師にはいろいろな進路があります。
一番私たちの目につくポピュラーな仕事場といえば、病院で働く薬剤師かもしれません。
薬剤師の海外での活躍 最近では日本国内にとどまらず、さまざまな分野で海外を舞台に活躍する人が増えていますね。
そんな中、薬剤師の海外進出・活躍はどうなのでしょうか。
病院薬剤師の海外研修

日本の医療は、アメリカのような欧米の先進国と比べると、どうしても最先端からは少し遅れがちです。

薬剤師のヒューマニズム教育の内容 薬剤師を育てる大学の薬学部において、近年その教育カリキュラムが変わってきています。
そんな中、より仕事を円滑に行うため新たに導入されたのが「ヒューマニズム教育」です。
薬剤師認定制度 近年どのような分野においても、細分化、専門化が進められています。
サービスを提供する側、される側双方にメリットがあるためです。
登録販売者と薬剤師の違い 薬を取り扱うには、当然ながら資格が必要です。
その代表格が薬剤師でしょう。
薬剤師の資格を取得すれば、薬剤を調剤する研究や仕事ができるだけでなく、ドラッグストアなどで薬を取り扱うことも可能となります。
ページの先頭へ