• Home
  • 薬剤師の仕事

薬剤師の仕事

病院薬剤師の仕事 薬剤師という仕事を、最も身近に感じるのは病院ではないでしょうか。
病院に行くと、そこには薬剤師の資格を持った人が働いています。
この人のことを「病院薬剤師」といいます。
管理薬剤師の仕事 どのような分野においても、職場には必ずその部署ごとの責任者がいて、その職場の管理をしています。
責任者がいないとその職場におけるリーダーが不在となり、さまざまな問題が生じるからです。
保険薬剤師の仕事 薬に関わる仕事には、かなりの種類があります。
その中の一つである保険薬剤師は、一般人にはそれほどなじみのある分野ではないかもしれません。
学校薬剤師の仕事 薬を取り扱う仕事を行う職場には、主に病院や薬局、ドラッグストア、製薬会社、化粧品メーカーなどが挙げられます。
ですが、薬剤師として活躍できる場はこれだけに限りません。
公務員の薬剤師 安定した職が求められるようになって久しい日本において、最も人気の高い職業は「公務員」になりつつあります。
公務員は民間の企業に就職するのとは違い、一度入れば基本的にリストラの憂き目に遭うことはありません。
専門薬剤師の必要性 年々専門色が高まっている医療の現場において、専門薬剤師の存在感はどんどん上がっています。
そんな中で、その必要性をあらためて検証するなら、やはり高度な医療に従事することができるという一点に尽きるでしょう。
漢方の薬剤師 今の薬剤師の仕事では少々飽き足らず、薬剤師としてもっと何かの分野を極めてみたい!という方におすすめなのが、漢方専門の薬剤師です。
薬局薬剤師の仕事 現在、医学界では医薬分業が急速に進み、以前に比べて病院内で働く薬剤師は減少傾向にあるとされており、薬剤師の多くは薬局で活躍することが多くなっています。
保健所の薬剤師 薬剤師、といってもっともポピュラーなのは病院や薬局で働く薬剤師さんですが、中には公務員として公的機関で働いている薬剤師さんたちもいます。
在宅医療と薬剤師 ベビーブーム世代と呼ばれ、数多くの人口を抱える世代が、2015〜25年にかけて前期高齢者と呼ばれる年代になります。
居宅療養管理指導と薬剤師 新制度として導入されて以降、まだまだなにかと話題に上る介護保険制度。
そんな介護保険を通して受けられるサービスの一つに、「居宅療養管理指導」というものがあるのをご存知でしょうか。
NST専門薬剤師 薬剤師とひとくちにいっても、薬剤師試験をパスした後の進み方によりさまざまな分野に分かれています。
国家試験に合格した後でどんな進路に進むかということは、薬剤師なら誰でも考えますね。
離島の薬剤師 医療現場の現況を語るにあたって、地域格差の問題は外せません。
薬剤師の就職状況に関しても同じで、やはり人気の高い地域、人気の低い地域が存在しています。
チーム医療での薬剤師の役割 以前の医療現場では、患者さんの治療は医師だけに任せられている、とされる傾向がありました。
ゲノム医療と薬剤師 「ゲノム」という言葉は、誰でもどこかしらで聞いたことのある言葉ではないでしょうか。
最近では、遺伝子配列に関する知識や技術を医療現場で活かしていこうという「ゲノム医療」が話題になってきています。
認定薬剤師の意義 医療分野の高度成長に伴い、薬剤師においても細分化が図られています。
そして、細分化をさらに推し進めるために、認定薬剤師制度が徐々に普及してきています。
認定実務実習指導薬剤師 「認定実務実習指導薬剤師」という資格をご存知でしょうか。
薬学のさらなる複雑化を受け、薬剤師になるための大学教育も4年制から6年制課程へと引き上げられ、より実際的な薬剤師育成教育を目指して長期間にわたる病院や薬局での実務実習がカリキュラムに組み込まれることになりました。
認定実務実習指導薬剤師 景気の低迷によって就職が難しくなり、なかなか仕事を持つことができなくなっている現状において、職場を選ぶことができないということは、薬剤師の資格を有している人であっても、決して他人事ではありません。
薬剤師のパートは人気 薬剤師は就く仕事にもよりますので一概にはいえませんが、平均的にみれば他の職業と比べたときに別格と言えるほど給料が良いわけではありません。
病院診療所薬剤師研修会 薬剤師の資格は、一度薬剤師の国家試験に受かったからそれで終わり、とはいきません。
薬学の世界は日々進歩・発展しており、それについていくために薬剤師には生涯学習が必須、といわれています。
ページの先頭へ