薬剤師の求人 −調剤薬局−

イラスト
  スポンサード リンク

薬剤師の就職先は、近年ある程度幅が広がっています。
ただ、定番ともいえる就職先は、今も昔も同じです。
その中でも特に、調剤薬局はいかにも「薬剤師が仕事をしている所」というイメージがありますし、実際にも多くの求人が出されています。

調剤薬局は、他の職場と比較して収入が格段に良いというわけではありません。
平均的な年収と同じくらいと考えて良いでしょう。
一般的な業務よりも高い給与を得られるというイメージがありますが、実際にはそこまで破格の報酬をもらえるわけではありません。
ただし、調剤薬局での勤務にはいくつか大きなメリットがあり、これがあるからこそ人気の就職先となっています。

まず1つ目のメリットとして挙げられるのは、初任給が高いということです。
一般のサラリーマンの初任給は、大体20万円くらいですね。
病院に勤める人も、これくらいかもう少し安いくらいです。
これはここ10年くらいの間、あまり変わっていません。
それに対し、調剤薬局に勤めた場合の初任給は、30〜40万円と言われています。
この数字は薬剤師の勤務先の中だけではなく、すべての職業において高い部類に入ります。
最初に手にする給与が高いというのは、当然魅力的ですね。
その後の昇給が若干しにくいという点はありますが、これも見方を変えれば高値安定ともいえ、就転職先としてはおすすめの職場といえるでしょう。

もう一つ、調剤薬局のメリットを挙げるとすれば、女性にとってはかなり働きやすい職場であるという点でしょう。
まず、前提として薬局は特に女性が多い職場です。
実際に薬局に行ってみるとわかりますが、男性の薬剤師を見かけることは結構珍しいくらいです。
また、薬局はそこで働いている人たちの数もそんなに多くありません。
そのため、比較的良好な人間関係を構築しやすい職場ともいえるかもしれません。
もちろん少人数でも合わない人がいることはあり得ますが、上司の顔色を常にうかがわなければいけないような職場にあたる可能性は少ないといえます。
そういう意味では、ストレスが溜まりにくい職場と考えることができます。

とはいえ、業務との相性の問題もあります。
調剤薬局では接客もあるため、人と接することが苦手な人にとっては難しい面も出てきます。
あらゆる面を考慮し、薬局がどのような職場かを理解した上で選択肢に含めるかどうかを考えると良いでしょう。

ページの先頭へ