自衛隊病院の薬剤師求人

イラスト
  スポンサード リンク

薬剤師の資格を持っている人が働ける場所は、一般的に考えられているよりも意外と多いようです。
病院やドラッグストア、薬局などはもちろん、学校や保健行政など、さまざまな機関にも活躍の場があります。
薬を扱う業務というだけではなく、衛生を必要とする環境において薬剤師は必要な人材なのです。

そして、中には想像もつかないような職場もあります。
例えば、日常生活の中においてまず目にすることのない自衛隊病院も、薬剤師が勤める職場の一つに数えられます。

自衛隊の中には、自衛隊薬剤官という業務があります。
自衛隊薬剤官とは、自衛隊内における衛生業務を行う人を指します。
薬剤師というよりは、「自衛隊の中の衛生係」というニュアンスでしょうか。
銃火器等の武器を取り扱い、さまざまな国へ行くことを想定している自衛隊では、一般人に対して処方する薬とは異なる薬が必要なのかもしれませんね。

自衛隊薬剤管の仕事には、幹部候補生の人材が就くようです。
そのため他と同様に求人が出るということはなく、幹部候補生学校に1年ほど通い、指揮系統を身に付け、その後研修を行って業務を担当することになるようです。
基本的には、一般の業務のような求人情報があってそれに応募するという流れで職に就くということはないものです。

自衛隊薬剤官には、衛生科部隊における健康や衛生の管理、整備や防疫、薬の補給など、調剤以外にも多数の職務があります。
非常に忙しい業務で、なかなか休む暇もないほどに活動的な勤務体制となるでしょう。

さらに、自衛隊薬剤官の魅力ともいうべき点は、独自の医薬品、装備などの開発を行っているということです。
研究施設も整っており、かなりクリエイティブな業務といえます。
自衛隊という特殊な業務において使用する薬を開発することは、この職務ならではの業務といえます。
それゆえに、一般的な薬剤師の仕事とは違った魅力を感じる人は少なくないでしょう。

自衛隊である以上、単に薬を取り扱えるだけでは職務に適合しているとはいえず、体力も相応に必要です。
それと同時に、衛生管理という仕事には非常に広い視野を持っていることも求められます。
さまざまな能力を活用しなければならないために敷居は決して低くはありませんが、チャレンジするだけのやりがいを感じられる職場でもあります。

ページの先頭へ