薬剤師の求人を公務員で探す

イラスト
  スポンサード リンク

薬剤師の資格を取りたいと思う人の多くは、この業務に安定した需要と供給があると認識しているのではないでしょうか。
薬はこの世の中において絶対に必要なものであり、分野として廃れる可能性は、人間が何も病気をしなくならない限りは0%です。
そういう意味では、薬剤師は地に足のついた職業といえるかもしれません。
ですが他の職業でもいえるように、安定した収入が確実に得られる保証があるわけではありません。

人間が病気をする頻度は、今も昔もそれほど変わってはいません。
高齢化社会になってくるにつれ、入院患者の数はむしろ増えています。
しかしながらそれに対する病院の数は、不況が続く中において年々減少傾向にあります。
そのため、病院に勤めているから大丈夫、と安心することはできません。
これが薬局やドラッグストアになると、より顕著になるのは明白です。

そういった背景もあり、職場や収入の安定を望んで薬剤師の資格を持つ人の中で、公務員になりたいと希望する人が急増しています。
公務員はあらゆる職業の中でもっとも安定しており、老後の心配をする必要が限りなく少なくて済みます。
そのため不況下においては人気の職業となり、薬剤師の資格を持っている人もその安定感に魅力を感じているということなのでしょう。

薬剤師の公務員の職場には、国公立病院をはじめ各市町村の保険行政機関などがあります。
保健行政機関においては、食品衛生監視や薬事衛生監視などの業務を行います。
また、厚生労働省所轄の麻薬取締などの業務を行うのも公務員の薬剤師の役割に該当します。

これらの職業には単に資格を持っているだけで就くことはできず、薬学分野の公務員試験に合格する必要があります。
よって、求人もこれらの試験にパスしている人ということが条件として出されます。
基本的に、こうした公務員の薬剤師の求人情報がハローワークなどに出ることはあまりありません。
公務員の求人情報は民間の職業紹介会社では提示されず、ハローワークでもあまり多くはありません。
各自治体などの採用情報を調べ、採用試験に応募する形が一般的です。

公務員は他の職業を大きく上回るような収入が得られるわけではありませんが、福利厚生も含めて安定した雇用を望む方にとっては大きな魅力がある仕事といえるでしょう。

ページの先頭へ