薬剤師の求人をパートで探す

イラスト
  スポンサード リンク

薬剤師においては、正社員よりも人気があるといえるくらい、パートに対する人気が高いようです。
薬剤師の場合、パートという待遇でも時給2,000円という非常に高い給与が設定されていることは何等珍しいケースではなく、しかも時間の融通がきくという点もかなりありがたいところです。
特に女性にとっては、周囲に同性が多いことも含めて非常に良い環境といえるでしょう。

そういった中、薬剤師の求人を出しているドラッグストアなどはかなりの数に上ります。
ハローワークに行ってみれば、ドラッグストアや調剤薬局の求人件数はかなり多いことがわかるでしょう。
需要が多い割には人材不足、というような状態なのです。

その背景には、やはり薬剤師の資格取得者がそう多くないという現状が挙げられます。
ドラッグストアにしても薬局にしてもそうですが、薬剤師の資格を持っている人がいないと第一類医薬品が販売できないために資格所持者をできるだけ確保したいという思いがあるものの、なかなか人数を揃えられないというのが実状のようです。

そして、ドラッグストアなどの人材不足にはもう一つ理由があります。
パートで働く人は長い時間職場にいられない人が多く、何人も雇用する必要があるという点です。
例えば24時間体制のドラッグストアの場合、もしパートの人が一人4時間くらいしか働けないとなると、単純計算で最低でも6人の資格取得者が必要となります。
また、少ない人数で回すよりも人数が多い方が回しやすいというメリットもあるためにできるだけ人数を揃えたいという店側の思惑もあり、求人を多く出すことにつながるのです。

さらに他の理由として、薬剤師のパートは希望する時間帯が重なりやすいという点が挙げられます。
薬剤師のパートの多くは女性、それも子供を育てている女性です。
子育てをしている女性が勤務できる時間帯は、多くの場合午前中、もしくは午後だけとなり、深夜枠や夕食時などの時間帯も大丈夫、という人は稀です。
そのため、どうしても偏った時間帯に勤務希望が集中してしまうのです。
そういったこともあり、ある程度長く働ける人やあまり人気のない時間帯に入ってもらう人を探すために求人が多く出されているのです。

ページの先頭へ