バイトの薬剤師求人

イラスト
  スポンサード リンク

薬剤師の資格を取得する人の数は、年々増加しています。
それ自体は、日本の医療にとってはプラスといえます。
多くの人材が輩出され、より優秀な人達が研究や処方を行えば、それは薬の質を上げていくことにつながります。
しかし、これは同時に薬剤師を目指している学生にとっては由々しき問題ともなります。
競争相手が多いと、就職できるかどうかという点において問題が出てくるのです。
求人情報がかなり多いドラッグストアや調剤薬局も今後人材過多となってくる可能性があると指摘されており、正社員として雇用されるケースは次第に減っていく可能性も否めません。

そうなってくると、今度はアルバイトの人気が上がってきます。
元々薬剤師のバイトは、他の分野と比較するとかなり時給が高いことで有名です。
女性の場合はそれが特に顕著で、女性が働きやすい環境であることも踏まえると、かなりの人気が集まっているのも納得できます。
ただこのバイトに関しても、今後どんどん希望者が増えてくるものと思われます。
既にその兆候は現れており、薬剤師の資格を取得した人がなかなか正社員になれそうもない場合に短期のバイトを行うケースが増えています。
そして、このバイトの受け皿として最も人気が高いのがドラッグストアです。

近年のドラッグストアは24時間体制の店舗も多く、ほとんどコンビニ感覚で利用されています。
薬を売るだけではなく、日用品や消耗品、さらには服や家電製品などの生活必需品を多数揃え、日常生活において欠かせないお店になりつつあります。
そのためコンビニ利用者からドラッグストアに流れるなどの現象が発生し、利用者数が増加して店舗数も劇的に増加しています。

そのため求人数も増え、薬剤師として働きたい人にとっては良いことばかりのように思えますが、実際にはそうともいえません。
激戦化する他店舗との競合に勝つために人件費を削るという方向にシフトしつつあり、そうなると薬剤師にしわ寄せがきてしまいます。
なぜなら第一類医薬品以外であれば登録販売者の資格で十分に対応できるため、より人件費が抑えられる登録販売者の雇用に力が入るという流れになることも考えられるのです。

とはいえ、薬剤師には登録販売者には許可されていない第一類医薬品の扱いが認められていることや、薬に対する高度な知識を有しているという強みもあります。
薬剤師を目指す学生は厳しくなることが予想される競争に打ち勝つため、今後より確かなスキルを身につけることが重要となるでしょう。

ページの先頭へ