薬剤師講師の募集

イラスト
  スポンサード リンク

薬剤師という職業は極めて専門職の強い職業であると同時に、薬を取り扱うことから、非常に大きな責任を負う職業でもあります。
薬は病気を治すためのものですが、同時に処方や服用する量を誤ると毒にもなります。
また、副作用という問題もあります。
薬は人間の生活の中で絶対に必要なものであるとともに、正しく使用するための知識が欠かせないものでもあるのです。
そして、そのための知識を指導するのが薬剤師講師の役割です。

講師といっても、塾の講師のようにそれだけを仕事とするケースはあまり多くはないようです。
基本的には、薬局などの勤め先に対して薬剤師会などの団体が講師を募集し、各地域に派遣するという形が取られています。
派遣された講師は、薬の正しい使用方法などを説明する教室や講義、説明会などを行い、誤った薬の使い方をしないように指導します。
こういった地道な活動を行うことで、一般人が誤った薬の使い方によって体調を悪化させてしまうという類のトラブルを防ぐことができるのです。

こういった薬剤師講師の活動は、特にインフルエンザなどの伝染病が蔓延した際に行われます。
最もわかりやすい例ともいえるインフルエンザですが、基本的には抗インフルエンザ薬を処方するしか方法はありません。
しかし、抗インフルエンザ薬として使用される薬の中にはあまり知られていないものも多く、中には医療に携わる人でも使い方を熟知していないというケースもあります。
また、タミフルのようにその効果に対して疑問が持たれた薬もあり、使用する上での知識をしっかりと専門家から教わらないと患者に対しての説明の際に上手く伝えられず、誤解を招く恐れが出てきます。
そういう意味では、講師として指導を行う人は非常に重い責任を担うことになります。

薬剤師講師の募集は各団体が行っていますが、基本的にはボランティアに近い条件が多く、生計を立てるための仕事としては考えにくいでしょう。
ただ、だからといって無益というわけではありません。
正しい薬の使い方を各地域の人々が覚えることで薬そのものに対する信頼度が上がります。
日本の医療に対する国民の不信感は年々増加しているという声もあり、そういった流れを払拭しなければ薬の売り上げにも影響が出てくるのは明白です。
当然、それは薬剤師の職場の数にも関連してきます。
薬剤師の仕事を増やし、求人を安定させるためにも、薬剤師講師のような活動は必要なのです。

ページの先頭へ