薬剤師の転職

イラスト
  スポンサード リンク

人が転職を考えるきっかけとなるのは、多くの場合、より良い勤務待遇を目指して、また変化してくる自分の生活スタイルに合わせて、というのがほとんどですね。
現在の薬剤師の転職に関していえば、転職のメリットはかなり大きいといえます。
ここでいくつかのメリットを考えてみましょう。

薬剤師の仕事は、どんな職場を選ぶかによって勤務形態がさまざまです。
転職活動をする場合、フルタイム、パートタイムなど、自分に合った勤務形態を自由に選ぶことができるのは大きなメリットといえます。
また、薬剤師の仕事場はかなりバラエティーに富んでいて、病院や薬局の他にも企業勤務、ドラッグストア—などいろいろと選択肢があり、転職の際には自分の好みに合った仕事内容、職場のチョイスがしやすい、というメリットもあります。

薬剤師の転職にもう一つあげ挙げられる特徴として、次のようなものもあります。
何かの事情で都会から地方に戻りたいという場合、多くの職種では転職先を見つけるのが難しい現状があります。
仕事さえあれば田舎に帰りたいけど…という声も時々聞きますが、薬剤師の場合、地方には深刻な人手不足が見られるため、逆に転職先が見つけやすかったり、かなり待遇の良いオファーがあったり、ということがあります。
これはUターン就職を考える人にとって、大きな強みといえます。

このように、現状においては薬剤師の転職にはかなりのメリットがあります。
ただし、将来的に見ると状況は変わってくるとの意見も増えています。
現在、薬剤師のフィールドは売り手市場であり、そのためより良い勤務条件を探して短期間の転職を繰り返す人も多いようです。
しかし、今後は新卒者も増えてくるため売り手市場も終わりを迎え、長期にわたってきちんと働いてくれる薬剤師を求める仕事場が増えてきそうな雲行きです。
薬剤師の転職先はいつでもすぐ見つかるという甘えた気持ちは、そろそろ捨てたほうが良いようです。

どんな職場にしても、まじめに腰を据えて働いてくれる働き手を求めていることに変わりはありません。
薬剤師として自分の希望する職種、職場環境をしっかりみつめ、それに見合った、長く働ける転職先を見つけたいものですね。

ページの先頭へ