薬剤師の高収入転職先

イラスト
  スポンサード リンク

薬剤師としての収入についていえば、そのお給料は職場によってかなりまちまちなようです。
考えてみれば、薬剤師の職場は病院や調剤薬局にはじまり、ドラッグストア、企業から官公庁まで、それこそ多岐にわたりますから、給料に関してひとくちにいえないのは当たり前といえます。

高収入を目指して転職を決意するなら、まず目指すべきは製薬会社での研究職でしょう。
実際のところ、年収1,000万をオファーされて転職する薬剤師も多いようです。
その後も、長く働いていけばもっと収入アップの可能性も大いにあり、高収入を目指しての薬剤師の転職先としては最も魅力的な仕事場といえるかもしれません。
ただし、その分研究での成果を求められ、非常に責任の重い仕事環境といえます。
そのため、転職を考える場合は給料面だけにとらわれず、広い視野で仕事内容を考慮すべきといえるでしょう。

まだ若い年代でいますぐ高収入を目指すなら、ドラッグストアでの勤務が良いと言われています。
経験の浅い働きはじめから年収500万目指すことも可能です。
ただしドラッグストア勤務の場合、収入アップの機会は少ないため、長く働いても上記の企業勤務のような収入アップは望めないという点も覚えておきましょう。

高収入をターゲットにしての転職には、自分で調剤薬局の経営者になるという方法もあります。
ただ単に薬剤師として調剤薬局に勤めてもそれほどの高収入にはなりませんが、経営者なら大きな年収アップも見込めます。
ただし、これはあくまで経営がうまくいった場合の話ですから、リスクもそれなりに大きい方法といえます。

高収入の仕事場を目指して転職を図るなら、情報量の多いインターネットで求人情報を集めるのがおすすめです。
最近は薬剤師転職支援サイトも充実していますので、要チェックです。

いずれにしろ、薬剤師の働き方、職場にはかなりのバラエティーがあり、収入もそれに伴ってかなりの幅があります。
転職の際にもそれだけ選択の幅が広いということですが、逆にいえば自分の期待とまるで違ったところに転職してしまう可能性もあることになります。
そのため、転職の際には収入や職場環境を含め、自分が転職先に望むものをしっかりと形にした上で、転職を決めることが大切といえます。

ページの先頭へ