薬剤師の転職 −ドラックストアー−

イラスト
  スポンサード リンク

ここでは、薬剤師の転職先の一つとして人気のドラックストアーを取り上げましょう。
まずその業務内容ですが、ドラックストアーで売られているのは主に一般薬です。
調剤薬局が併設されているケースを除いて、調剤業務はありません。
ドラックストアーでは、他にもさまざまな医薬品や医薬部外品、介護・ベビー用品など多種多様なジャンルの商品が取り扱われており、それらの品の販売や管理、発注や陳列なども業務の中に含まれてきます。

薬剤師としての専門性に直接関わらない業務も多いといえますが、人とのコミュニケーションが好きな薬剤師さんにはうってつけの、やりがいのある転職先といえます。
例えば風邪の季節や花粉症の季節にはそれに見合った商品を発注するなど、その時その時のお客様のニーズに敏感に応えることが必要で、地域の健康増進に貢献できる地元密着型のお仕事といえます。
また、ドラックストアーで働く薬剤師には、お客様の症状を聞き出してその人に適した一般薬を勧めたり、その他のヘルスケア関連の相談に親身に応えたりといった、他の店員さんにはできない、より専門性の求められる仕事もあります。

ドラックストアーの営業時間は個々のお店によってまちまちですが、最近は深夜まで長時間営業をしているところも多く、多くのドラックストアーがシフト制の勤務形態を採用しています。
自分のライフスタイルに合った、自由のきく勤務形態を望む薬剤師に適した転職先と言えるでしょう。
また、収入の面でも、転職した年から年収500万くらいもらえるところも少なくなく、安定した収入を得られる転職先といえます。
店長クラスまでいけば、年収700万前後もらえる所も珍しくはないようです。
こうした収入面でのメリットを考えて、なかなか思うように収入アップしない病院や薬局勤務から、ドラックストアー勤務に切り替える薬剤師も多いようです。

最近の医薬分業の流れを受けて調剤薬局併設のドラックストアーも増えてきており、薬剤師の有資格者が不足気味なドラックストアーが多い現状がありますので、好待遇での転職が可能なフィールドといえます。
今より収入を伸ばしたい、あるいは人との接触が大好きという薬剤師には、ドラックストアーはおすすめの転職先です。

ページの先頭へ