薬剤師の転職面接の注意点

イラスト
  スポンサード リンク

転職において、面接は合否の明暗をはっきりと分けるステップともいえます。
書類選考をスムーズに通り、採用に近づいていたのに面接で切られてしまった…ということは少なくはないのです。
そんな悲しい失敗をしないように、薬剤師として転職する場合の面接時の注意事項をおさらいしておきましょう。

まず、面接といえば第一印象が大切なのは誰でも同意されることでしょう。
どんな職種でもそうですが、スーツその他、きちんとした身だしなみで面接に臨みます。
特に、医事業務である薬剤師に清潔感のアピールは必須です。
服装だけでなく、髪や爪まできちんとお手入れしておきましょう。
面接時には、女性であれば控え目なお化粧、清潔な爪、長い髪はまとめるなど清楚な身だしなみが好印象を与えます。
男性も、これに準じた清潔感のある身だしなみが必要です。
どんなにハキハキとしっかりした受け答えができても、見た目の印象が清潔感に欠けていたために不採用となってしまうこともあるため、絶対おさえておきたい重要なポイントです。

次のポイントは自己PRです。
自分が積み重ねてきた経験、持っている知識をPRすることに加え、採用された場合に相手側にどんなメリットがあるかといった展望も上手に伝えることができれば、自己PRは成功といえます。
面接時には、自分の薬剤師としての使命感、なぜこの職場を選んだかなどは聞かれる可能性が高い質問ですので、その場で慌てないようにあらかじめ答えを用意しておくようにしましょう。
また、転職を決意した理由、前の職場を辞めた理由などもほぼ必ず聞かれる質問の一つです。
勤務がハードだった、収入が不満だった…といったマイナス理由を挙げるのはNGです。
なにか不満があったことは、わざわざ言わなくても相手側もわかっている話です。
面接においては、これからの仕事に対する意欲が感じられるような積極的な面だけに触れるようにしましょう。

面接の最後に「何か質問がありませんか」と聞かれるのもよくあるパターンです。
自分の真摯な姿勢を示し、印象を残すためにも、なにか質問を前もって考えておくことをおすすめします。
そして、薬剤師の仕事も多岐に及ぶ職種ですから、自分のやる気、自分が希望している仕事内容なども面接官にしっかりとアピールしておきたいポイントです。

ページの先頭へ